はじめに

前回の記事ではオンプレでカスタマイズした Windows 10 の日本語版イメージを Azure へ持ち込む方法について紹介しました。今回は Windows 7 での手順を紹介します。

WVD で Windows 7 を使うメリット

Windows 7 をお使いの方は意識されているかと思いますが、Windows 7 は 2020/1/14 をもって延長サポート期間が終了します。これにより、セキュリティ更新パッチが配信されなくなるため、セキュリティリスクが高まります。

継続して Windows 7 を利用したい場合は、拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)を購入するなどの対策が必要です。

<参考>
2020 年 1 月 14 日に、Windows 7 のサポートが終了
Windows 7 の拡張セキュリティ更新プログラムに関する FAQ

ESU の購入を検討中の方にお勧めなのが Windows Virtual Desktop(WVD) です。実は、 WVD で Windows 7 を利用する場合、この ESU が最長3年間無償で適用されます。

また、Windows 7 でも Office 365 ProPlus の利用はサポートされます。永続パッケージ版の Office 2019 は Windows 7 をサポートしていませんが、Office 365 ProPlus であれば ESU 期間中も Office アプリケーションを利用できます。

A. イメージのカスタマイズ

以下を目的としたカスタマイズ手順を紹介します。

  • Office 365 ProPlus のインストール
  • Azure へアップロードするための準備

A-1. クリーンインストール

WVD でサポートされる Windows 7 Enterprise エディションのイメージからクリーンインストールします。

<参考>
Windows Virtual Desktop とは
サポートされている仮想マシン OS イメージ

A-2. 更新プログラムの適用

[設定]>[更新とセキュリティ]>[Windows Update]>[更新プログラムのチェック]から最新の状態となるまで更新を適用します。途中必要に応じて再起動を実施します。(クリーンインストールからの更新なのでかなり時間がかかります。。。)

A-3. Office 365 インストール

Office 365 のインストールには Office 展開ツールを利用します。(Office のインストールが不要な方は 3. と 4. はスキップしてください。)展開ツールはこちらからダウンロードします。ダウンロードした msi ファイルを実行し、ツールを展開します。Office 365 のインストールは次の Docs を参考にしています。

<参考>
マスター VHD イメージに Office をインストールする

展開した先に構成ファイルを「configuration.xml」という名前で作成します。「configuration.xml」を開き、以下のように編集します。

「configuration.xml」での設定内容は以下のようなものです。

  • 日本語 Office 365 ProPlus をインストール
  • Skype for Businness、OneDrice、OneDrive for Businness、Teams のインストールはしない

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、Setup.exe を実行します。configure オプションをつけることで構成ファイルを指定します。

A-4. OneDrive for Businness のインストール

先ほどインストールをスキップした OneDrive をマシン単位でインストールします。こちらから OneDrive のインストールファイルをダウンロードします。

先ほどの構成ファイルの中で OneDrive のインストールを除外しなかった場合は次のコマンドを実行します。

管理者権限で AllUserInstall レジストリを編集し、 マシン単位でのインストールを可能にします。

A-5. Azure へアップロードするための設定

次の Docs を参考に OS 内の設定を行います。こちらの手順に従って設定を行っていきます。
<参考>
Azure にアップロードする Windows VHD または VHDX を準備する

設定項目が多いので直接 Docs を参照してください。Windows ファイアウォール規則の構成 のコマンドにある DisplayName は言語設定が違うので適宜変更します。変更対象のルールは次の通りです。

  • “Windows Remote Management (HTTP-In)” ⇒”Windows リモート管理(HTTP 受信)”
  • “Remote Desktop”⇒”リモート デスクトップ”
  • “File and Printer Sharing (Echo Request – ICMPv4-In)”⇒”ファイルとプリンターの共有 (エコー要求 – ICMPv4 受信)”

A-6. .NET Framework のインストール

Windows 7 SP1 にプリインストールされている .NET Framework 3.5.1 では Azure VM エージェントや WVD エージェントが動きません。そのため、今回は .NET Framework 4.7.2 をインストールします。ダウンロードはこちらから。

少なくとも .NET Framework 4 が入っていないと、Azure から仮想マシンをデプロイする際のセットアップがうまくいかず、仮想マシンに接続できなくなります。

セッションホストとして登録する際もバージョンが足りないと WVD エージェントがうまく動作しないように見受けられました。(4 および 4.5.1 では WVD エージェントの動作がうまくいきませんでした。)

<参考>
Azure 仮想マシン エージェントの概要

A-7. ローカルアカウントの削除

コンピュータの管理(compmgmt.msc)を起動し、Administrator アカウントを有効化します。

操作中のローカルアカウントからサインアウトし、仮想マシンを再起動します。

仮想マシンを再起動したら Administrator アカウントでサインインします。ローカルアカウントのユーザープロファイルを削除します。

A-8. イメージの一般化

コマンドプロンプトを起動し、Sysprep を実行します。Sysprep に成功したら、対象の仮想マシンの電源を入れないように気を付けます。

エラーが発生した時は C:\Windows\System32\sysprep\Panther 配下のログファイルを確認し、修正します。

B. Azure へのアップロード

前回の Windows 10 の記事を参考にして Azure へ OS イメージをアップロードします。

<参考>
WVD に日本語イメージを持ち込む! Windows 10 編

C. WVD で Windows 7 を展開

WVD で Windows 7 を利用する方法について紹介します。Windows 7 の場合、Azure ポータルの Marketplace にあるテンプレートからでは WVD のセッションホストとして展開できないので、1台ずつ仮想マシンを展開し、WVD エージェントを手動で仕込む必要があります。

大まかな手順は次の通りです。

  1. Windows 7 仮想マシンの展開
  2. 更新プログラムの適用
  3. ドメイン参加
  4. WVD ホストプールの準備
  5. WVD エージェントのインストール

<参考>
Windows Virtual Desktop で Windows 7 仮想マシンをデプロイする

アップロードしたイメージからデプロイした仮想マシンにリモートデスクトップ接続し、更新プログラムを適用します。KB2592687 向けの更新プログラムがインストールされていれば OK です。

更新プログラムを適用したら、ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動し、[コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[Windows コンポーネント]>[リモート デスクトップ サービス]>[リモート デスクトップ セッション ホスト]>[リモート セッション環境]配下にある[リモート デスクトップ プロトコル 8.0 を有効にする]を有効にします。これが表示されていない場合、上述の更新プログラムがインストールされていない場合があります。変更したら再起動します。

WVD エージェントをインストールする前にドメイン参加しておきます。仮想マシンを利用するドメインへ参加させてください。

別マシンなどから WVD の管理コマンドレットを利用し、以下のコマンドでホストプールの作成と、セッションホストをホストプールに登録するためのトークンを取得します。最後のコマンド結果で表示される [Token] の文字列を控えておきます。

再び仮想マシン上で WVD エージェントWVD エージェントマネージャーをダウンロードします。ダウンロード出来たら WVD エージェント⇒ WVD エージェントマネージャーの順でインストールします。

WVD エージェントのインストール中、セッションホスト登録のためのトークンを聞かれます。初期で表示されている文字列を削除し、先ほどコマンドレットで取得した文字列を貼り付けます。

WVD サービス起動のため仮想マシンを再起動します。うまくいけば WVD に登録され、WVD クライアントからアクセスできるようになります。

さいごに

今回は Azure に Windows 7 のカスタムイメージを持ち込む方法をご紹介しました。デフォルトの .NET Framework バージョンでは Azure で利用ができないなど躓くところがありましたが、Windows 10 同様に WVD でイメージを利用できるところまで確認できました。

すでに ESU をご購入済みの場合でも、今後 Windows 7 VDI を継続して利用するのであれば WVD への乗り換えを検討してみるのはいかがでしょうか。WVD であれば、冒頭紹介したように無償の ESU が最長3年間適用されます。Windows 10 への移行のステップアップとして、まずはクラウドの利用から初めて見るのもよいのではないかと思います。

 

 

この記事を書いた人

曽根悠斗
曽根悠斗
Azureやってるエンジニア
NWエンジニア⇒クラウドエンジニアへスキルアップし、
IaaSだけでなくAzureの各種サービスを幅広く扱えるように修行中
好きなAzureのサービスはAzure ADとNetwork Watcher
WVDやGlobal Reachなど新しいサービスを追わせてもらっています
真のAzureエキスパートになる日を目指して