「Microsoft Azureってよく分からない」という方へ。
今回はAzureの活用例から、メリット、気になる料金についても解説し、無償でAzureを体験できる方法も伝授します。



1.Microsoftが提供するAzure(アジュール)とは?

Microsoft Azureとは、マイクロソフト社が提供するクラウドプラットフォームです。膨大なサーバーが設置された世界55拠点に展開しているデータセンター、強力なWANバックボーンを持っています。この設備をクラウドプラットフォームとしてユーザーにサービス提供しています。日本でも東日本、西日本と2拠点を有し、国内の多くのお客様が利用しています。

(クラウドと聞くと実態のないものと想像してしまいますが、実際にはマイクロソフト社が運用している巨大で堅牢なデータセンターの一部を借りるイメージです!)

Microsoft Azureが提供するプラットフォームには、「IaaS」と「PaaS」と一般的に呼ばれる2種類があり、この2つはクラウドサービスの提供者(マイクロソフト社)と利用者(お客様)で管理する範囲が異なってきます。

Azureが提供するサービス形態は、 IaaSとPaaS

一般的にクラウドのサービス形態は、IaaS、PaaS、SaaSにカテゴライズされます。Microsoft Azureはこのうち、IaaSとPaaSを提供します。ここで改めて、クラウドのサービス形態についておさらいしてみましょう。

IaaSとは

Infrastructure as a Service の略です。仮想マシンをクラウド上にインターネット経由で作成し利用するサービスです。仮想化レイヤーより下の管理は、クラウドサービスの提供者(マイクロソフト社)が責任をもって実施します。仮想マシンの OS より上の管理は、利用者(お客様)が責任をもって実施します。

PaaSとは

Platform as a Serviceの略です。仮想マシンのOSも、クラウドサービスの提供者(マイクロソフト社)が責任をもって管理します。PaaS で構成できるシステムは、クラウドサービスの提供者が提供するPaaSの機能(種類)次第となります。

おまけにSaaSとは

Software as a Serviceの略です。利用者(お客様)が基盤の構築やソフトウェアを用意するのではなく、サービス提供者(マイクロソフト社)ソフトウェアを稼働させ管理も実施します。利用者はネットワーク経由でサービス機能を活用します。(OutlookなどのメールサービスやMicrosoft 365などがこれにあたります)

\資料ご提供中/
オンプレミスからMicrosoft Azureへ
はじめてでも安心な移行方法とは?

 

2.Azureを利用する5つのメリットとは?

上記でご紹介したIaaSとPaaSは、一般的なパブリッククラウドサービスの提供内容と一緒ですね。それでは、Amazon AWSやGoogle Cloud Platformなど様々なサービスがある中で、「Azureならではの強み」についてご紹介します。

1.強大なネットワークを全世界で使える

クラウドサービスでは肝となるネットワークですよね。Microsoftは積極的に投資し、現在世界でトップスリーに入る長さのバックボーンネットワークを保有しております。世界中にAzureデータセンターがあり、これらのAzureデータセンターは1つの「リージョン」とよばれています。現在、Microsoftが所有しているAzureのデータセンターの数は55か所!140か国で利用可能です。

Azureの魅力はリージョン間でのネットワーク疎通が、この太いMicrosoftのバックボーンネットワークを通じて行われることです。これは、他のクラウドサービスとの大きな違いとなり、グローバルなサービス展開や、VDI環境で効果を発揮します。また、Microsoftバックボーンネットワークは、Microsoft 365へのアクセス時にも利用できますので、VDI on Azureとの親和性が高く、VDIからMicrosoft 365上の大きなファイルにも高速にアクセスが可能です。

2.オンプレミスと連携できる

Microsoft社はAzureについて「Global」、「Trusted」、「Hybrid」をメッセージとして打ち出していますが、Azureは様々な点でハイブリットクラウドの実現に最適です。色んな組み合わせパターンが考えられますので、既に弊社がご提案させて頂いたケースが多い事例をご紹介します。

活用例1:Azureでバックアップ

検討いただく例が最も多いパターンかと思います。ハイパーコンバージドインフラ(HCI)のNutanixなどの製品であれば、ネイティブでクラウドへのバックアップ機能をもっているので、追加設備なしにAzureへバックアップ。オンプレミスにバックアップ用ストレージを購入し、運用/管理する必要はありません。

(関連機能)Azure Site Recovery (ASR)

 

 

 

活用例2:データ量の予測が難しいファイルサーバをAzureへ

Azure上で提供されるファイル共有サービスで、インターネット経由でどこからでも同時アクセスが可能です。SMBプロトコルを利用しているためオンプレファイルサーバーから移行する際もアプリケーションの互換性を気にする必要はありません。

(関連機能)Azure Files

 

 

活用例3:AzureでVDI(仮想デスクトップを展開

Citrix社が提供するXenApp、XenDesktopやVMware社が提供するHorizon を利用してAzure環境で実現する”VDI on Azure”は、VDIの運用の煩雑さや、基盤の複雑性を解消しつつ、クラウドの利便性を教授できるソリューションとして、多くのお客様にご相談/PoC頂いております。Azureは唯一Windows10クライアントが展開可能である点や、Microsoft 365をクラウドで利用できる数少ないプラットフォームであることも注目を集めている理由です。最近は、Microsoft 社が独自VDIサービス「Windows Virtual Desktop」をリリースし、従来よりコストを抑えてVDIを導入できるようになった点から、話題になっております。

(関連機能)VMware Horizon Cloud on AzureWindows Virtual Desktop

3.セキュリティに強い

Azureはコンプライアンス対策やネットワークセキュリティ対策が備えられています。
また、脅威はデータセンターの外だけでなく、内側(例えば、悪意のあるオペレーション)によっても発生しますが、Azureデータセンター自体も、

  • 入館者の制限
  • 多層のセキュリティゲート
  •  自動化による人為的作業の削減

など様々な対策が取られています。
データセンターの外/内からの想定される脅威・最新の脅威に対して、常に対策し、アップデートし続けることは、オンプレミス環境で実現することはなかなかハードルが高いですが、そういった環境をクリックだけで利用できることもAzureならではのメリットだと感じています。

  • Azureが満たすコンプライアンス
    ISO 27001、HIPAA、FedRAMP、SOC 1、SOC 2などの国際的なコンプライアンスや国ごと(日本ではFISC)に適合
  • Azureデータセンターのネットワークセキュリティ対策 人工知能を用いたサイバー攻撃対策(DDoS/DOS/IDS)機能が標準動作。不正なトラフィックを自動検知・遮断する仕組みを導入 (また、これらの仕組みは常に最新のものにアップデート)

4.PaaSでIoT/AIを簡単に活用

Azureは新たな機能を次々と追加しており、OSS(オープンソースソフトウェア)との親和性も高く、柔軟にビジネス展開ができるのも特徴です。例えば、Azureではビックデータの保存、クラウドで予測したり、「カメラ+画像認識」を採用することで、店舗のおもてなしをデータ化するというようなこともできます。
これらは、全てAzure PaaS上で活用することができ複雑な開発や、運用は不要です。また、今までのシステムと互換性のありコントロールがしやすいIaaSと役割を分担させ、Azure PaaSとIaaSを接続して効率的なシステム構築をするケースが増えています。

→「新たなビジネスへのクラウド活用について」

5.日本企業に優しい

日本のお客様にとってはとても重要なポイントになる2点を最後に挙げさせて頂きます。

  • 日本のAzureデータセンター利用時には日本の法律が適用される!
  • 為替の影響を受けない!

情報収集をされている段階ではあまり重要視されないお客様もいるのですが、いざ導入を見据えてご検討いただく際には、上記は結構問題になってくるポイントです。

3.Microsoft Azureの利用料金について

実際に本番環境で利用する場合、当然費用が気になるところです。
代表的なIaaSサービスである仮想マシン、ディスク、ネットワークの課金対象は以下となります。

コンポーネント 課金対象 備考
仮想マシン ・インスタンスモデル
・稼働時間
“ARMから”マシンを停止する
ことで課金が停止
※OSでマシンを停止しても課金が継続
ディスク ・ディスクタイプ
(HDD or SSD)
・ディスクサイズ
・トランザクション数
(HDDのみ)
・データの冗長性
(データセンター内 or データセンター間)
・ストレージは、ファイル、
オブジェクトなど用途に合わせて選択可能
・左記は、仮想マシンディスクを
対象とした場合の選択肢を記載
ネットワーク ・送信データ
(Azure データセンターから
出ていくデータ)
受信データ
(Azure データセンターに入るデータ)は無料

実際はもう少し検討箇所がありますが、イメージを掴んで頂くために情報を絞っております。Azureデータセンターに入っていくデータに対して課金が無いので、オンプレミスからのバックアップによるデータ課金は発生しない点はありがたいですね。

Microsoft社のWebサイトにて月額利用料金の試算が可能ですが、もっと簡単に参考費用を算出したい方向けにAzure IaaS簡単コストシミュレーションツールがございますので、ぜひこちらで算出してみてください。利用するサーバーのスペック、台数、ストレージ容量、その他オプション、などの値を入力することで、簡単に月額使用料の試算が可能です。

\かんたんAzure IaaS料金シミュレーション/

Azure 利用料金を
シミュレーションする

Azure料金把握のコツ

Azure上の利用課金は、サーバー系が8割程度を占めるため、仮想マシン、ストレージ、ネットワークなど代表的なコンポーネントの想定利用料金を試算することで、大きくずれのない価格感の把握が可能です。また、クラウドを使うと知らないうちにスゴイ料金になっていた・・・・ということがあると怖いですよね。Azureでは課金アラートを設定し、しきい値に達した際にメールで通知することが可能ですので、人知れず使いすぎてしまう、ということは避けられます。(私も、何度救われたことか、、、皆様も(マシンの)火のつけっぱなしはご注意ください)

※ARMから仮想マシン停止をスケジュール実行できますので、これを使えば問題なかったのですが。

課金アラートはARMではなく”アカウントポータル”から設定できます。

何度も救われた実績のある、メールに飛んでくる課金超過のアラートメールです。

 

4.Azureを無償で使ってみよう

Azureを理解するには、とにかく触ってみるのが一番です。Azureは1ヶ月の間、20,500円分のリソースが無料を利用できまるので、「Azureってなにができるの?」を理解するためにも是非1度使ってみることをオススメします。

オンプレミスでちょっとしたPoC環境を使いたいとき、ラック・機器の確保/ケーブリング/ネットワークの準備って地味に大変ですよね?Azureではクリックだけで、仮想マシンが使えるので、感動するはずです。(少なくとも私はとても感動しました!)

無償版Azureの登録サイト:https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/
(Azureの無償版は、自動的に有償版に切り替わることはないのでご安心ください!)

AzureのGUIを体感してみる

Azureは専用ポータルサイト “Azure Resource Manager (略称:ARM(アーム))”で操作できます。

直観的に理解できるUIですので、コマンドをガリガリ打つことに抵抗がある方でも問題なく扱えます。
※ARMの前身となるポータルに”Azure Classic Portal”がありました。ドキュメントなどでもたまに出てきますが、これからAzureを触る方は、ARMのみ意識いただければ問題ございません。

 

なお、「GUIはいやだ!」という方はコマンドで操作頂けるインターフェースもあります。

・Azure Power Shell(Windows環境のみ)
・Azure CLI(Windows、Linux、Mac)

上記はクライアント端末にモジュールのインストールが必要ですが、さくっとコマンド実行するだけなら、ARMからも実行可能です。図の右上、赤枠部分をクリックすることでARMからCLIを起動できます。

\資料ご提供中/
オンプレミスからMicrosoft Azureへ
はじめてでも安心な移行方法とは?

 

さいごに

Microsoft Azureについて少しでもご理解いただけましたでしょうか?正直、Microsoft Azureは活用できる機能がありすぎて、また次々とアップデートされるため、「全部把握した」という状態には一向になりませんが、クラウドを活用していくためには・・・・

「常に最新情報をキャッチし続ける!」

という意識がより強く求められると感じています。今回の記事で1人でも「Azureさわってみよう!」となり、私と同じくクラウドに感動頂ければ幸いです。次回はもう少し機能特化でご紹介したいと考えておりますので、よろしくお願いします。


この記事を読んだ方へのオススメコンテンツはこちら