WVDの注目ユーザープロファイル機能! FSLogixの特徴を解説&使ってみる!!

FSLogixは非永続デスクトップ環境をより有効的に利用するためのプロファイルローミングソリューションです。ユーザーに快適なデスクトップエクスペリエンスを提供しつつ、管理コストやインフラリソースの負荷軽減を実現する機能を備えてます。今回はFSLogixに含まれる次の機能を紹介していきます。・ユーザープロファイルコンテナ・Office 365コンテナ・クラウドキャッシュ・アプリケーションマスキング・Javaバージョン管理


Microsoft Inspire 2019 in Las Vegas

日商エレクトロニクスのテクニカルマーケティングの河口です。
只今ラスベガスでMicrosoft Inspire2019に参加中。3日目のCore Noteの熱狂を現地からお伝えします。


Azureへの移行お助けツール! Azure Migrateとは!?

Azure Migrateはオンプレや他のクラウドで稼働しているマシンのAzure移行を支援するサービスです。以前は「Migrate Project」という名前のAzure移行診断サービスとして提供されていましたが、新たに機能が追加されて「Azure Migrate」として生まれ変わりました!


Azure力アップ!Security Centerの機能でWindowsファイルサーバーアクセスログをLog Analyticsに保存して検索してみた!

ファイルサーバーの運用において、いつ・だれが・どのファイルへどのようなアクセスをしたのかといった監査証跡の保管は、ファイルサーバーの運用を考えるうえで無視できないテーマである。そこで本稿ではAzureに配置したWindowsファイルサーバーのアクセスログをAzure Log Analyticsへ保存する方法を調査し、実装してみることにした。


注目のクラウド型 VDI 徹底比較!

最近は、お客様からのご相談で仮想デスクトップ(VDI)をクラウドに移行するケースが増えています。でも、DaaSも含めて様々なサービスが世のなかに提供されているので、ご検討されている方はどの製品が自社に合っているのか迷ってしまいますよね。Microsoft Azure上で利用できるVMware Horizon Clooudに加え、話題のMicrosoft Windows Virtual Desktop (WVD)の特徴をご紹介します。


[Build 2019] Azure Functions 2.xのPowerShellでAzure Firewallを自動停止・起動させる

今回はMicrosoft Build 2019でアナウンスのあった「Azure Functions 2.x PowerShell」を利用し、Azure Firewallの自動停止・起動を試してみる。Functionsでなくても、Azure Automationなどで仮想マシンの停止・起動といった自動化ができるが、Runbookを作ったりとなにかと手間で、Automationに慣れてないと敷居が高い。


Azureでつながる企業WAN︕Global Reachの気になる実⼒とは︕︖

Global ReachはExpressRoute回線を相互に接続し、オンプレミス拠点間でプライベートネットワークを実現できるサービスです。 Global Reachを利⽤すると、Microsoftが世界中に敷設している安定性の⾼いMicrosoft Azureのバックボーンネットワークを利⽤した拠点間通信が可能となります。これによって通信キャリアが提供する国際IP-VPN網などを代替した閉域網接続を実現できます。


サクッと分かる Microsoft Build 2019 の最新情報まとめ

2019年5月6日~8日に開催されたMicrosoft Buildに行ってきました!AI 、Azure Functions、 VMware Azure など気になる最新情報を会場の雰囲気と共にダイジェストでお届けします。


Azureネットワークが広がる︕ グローバルVnetピアリングでのゲートウェイ転送がGAしました︕

先⽇、Vnetピアリングに新たな機能が追加されました。
以前まで未サポートだったグローバルVnetピアリングでのゲートウェイ転送機能のGAが発表されました。


MicrosoftのVDI!Windows Virtual Desktopをつくってみた

Windows Virtual Desktop(以下WVD)は、昨年Microsoft社から発表された新サービスです。 デスクトップ環境をクラウドのサーバーから提供する、いわゆるDaaSと呼ばれる分野のサービスとなります。