Microsoft Azure
クラウドネットワーク構築サービス

お客様のデータセンターとMicrosoft Azure間を接続
VPN または 専用線(Express Route)で安全に

| 概要 | 特長 |  お問い合わせ |

VPN / 専用回線(Express Route)の
設計/導入/サポートを一気通貫でご提供

オンプレミスのデータセンターからMicrosoft AzureまでをVPN や 専用回線(Express Route)で接続する際、Micorosft Azure上の設定だけでなく、オンプレミス側に設置するルーター、回線、Microsoft Azure上のVPN / Express Routeサービスが全て正しく設計、実装される必要があります。また、VPN / 専用線(Express Route)で接続する場合、ゴールはMicrosoft Azure上の仮想マシンをはじめとする各サービスが正しくオンプレミス データセンターと通信できることです。当社は、ネットワーク部分だけでなく、Microsoft Azure上の設計/実装までをトータルで対応させて頂くため、円滑にMicrosoft Azure基盤とVPN / 専用線(Express Route)の導入が実現できます。

クラウドネットワーク接続サービス 特長

ご要件に合わせて最適な構成でご提案

お客様のご利用サービス特性や、ネットワークに対する可用性のポリシーなどを踏まえつつ、VPNがいいのか、専用線(Express Route)がいいのか。どの程度の帯域が最適か。回線の冗長まで含めるべきか。必要なルートの数は。といったポイントを検討し、ベストなソリューションをご提案いたします。

ネットワークだけでなくAzure上の構築含めて当社が対応できるのでスムーズな導入が実現

VPN / 専用線(Express Route)だけを切り出して対応する場合、Microsoft Azure上で稼働するワークロードの特性を押さえたネットワーク設計や、問題があった場合の原因特定 / 改善案立案などをお客様に実施頂く必要がございます。また、構築時にも、ネットワーク部分とMicrosoft Azure部分に分かれた対応が必要となり、プロジェクトの円滑性が失われる可能性がございます。当社であれば、ネットワークからMicrosoft Azureまでを知り尽くしたプロフェッショナルが対応させていただくため、情報の伝達時の余計なロスやミスコミュニケーションを抑制し、最適なネットワーク環境を実装可能です。

オンプレミス側に設置するルータは当社がマネージドでサポート

Microsoft Azureとオンプレミスをネットワークで接続する場合、それぞれのサイトにルーターが必要となります。
Microsoft Azure側はVPN Gateway Applianceサービスが存在するため、管理/運用含めてMicrosoft Azureの利用料に含まれておりますが、オンプレミス データセンター側に設置する物理ルーターの管理はMicrosoft Azureの利用料には含まれていないため、別途検討する必要がございます。当社がルーター含めてご提供させて頂いた場合、ルーターの監視/サポートは当社が対応いたします。

安価なフレッツ回線も選択可能

VPN/専用線(ExpressRoute)のいずれの場合も、必要なネットワーク帯域に応じて1Gbps専有型のUCOM光回線と安価に利用可能なフレッツ回線(フレッツ光ネクスト)の2種類のプランをご選択頂けます。
またAzureと既存環境の通信経路のSLAを高めるために、両方のプランを併用し、メイン回線を1Gbps専有型UCOM回線、バックアップ回線をフレッツ回線といった冗長化プランを選択することも可能です。

Azureエンジニアが貴社のお悩みを解決。
もちろん、無償です。

Azure導入や運用に関してご不安な点がありましたら、
当社のAzureエンジニアが不安解消のお手伝いをしますので、
ご安心ください。

相談する