Microsoft Azureで
ファイルサーバー構築

Microsoft Azureでファイルサーバーを構築する方法は4つあります。
自社の環境に合った利用方法でファイルサーバーの悩みから解放されましょう。

| メリット | 選択 | 特徴比較 | 概要 | 価格 | さらに詳しく |  お問い合わせ |

Azure でファイルサーバーを構築するメリット

データの量に合わせて
柔軟な拡張が簡単にできる

低コストでバックアップ
リストアできて安心

HWのメンテナンスから解放
リプレースも不要

Azureでの
ファイルサーバー構築
4つの選択肢

Azure Files

  • SMB、NFSでアクセス可能
  • 低コストだが単体利用では制限もある

Azure File Sync

  • Windows Server+Azure Filesのハイブリッドソリューション
  • Azure Filesで不足する機能をWindows Serverで補完

Azure NetApp Files

  • Azure サービスとして提供されるNetApp ONTAPストレージ
  • 高いパフォーマンスのストレージを利用可能

VMのファイルサーバー

  • Azure上にVMベースのファイルサーバーを構築
  • 必要なSLAに応じて冗長構成、ストレージを選択可能

特徴の比較

Azure Files Azure File Sync Azure NetApp Files Azure VMの
ファイルサーバー
利用サービス PaaSストレージ
サービスを利用
PaaSストレージサービスと同期サービスを連携 PaaSストレージ
サービスを利用
PaaSストレージ
サービスを利用
メリット
  • ・導入が容易
  • ・SMB/NFS/REST対応
  • ・コストが安い
  • ・オンプレへのアクセスのパフォーマンスが高い
  • ・アクセス頻度が低いファイルは階層化機能で容量を削減
  • ・導入が容易
  • ・SMB/NFSに対応
  • ・パフォーマンスが非常に高速
  • ・オンプレミスとの互換性が高い
  • ・カスタマイズ性が高い
  • ・必要に応じてVM/ストレージを選択可能
デメリット
  • ・カスタマイズ性が低い
  • ・パフォーマンスが制御しにくい
・オンプレミス側にキャッシュサーバーの構築が必要 ・コストが比較的高い
  • ・仮想マシンの管理
  • ・メンテナンス対応
ユースケース
  • ・低コストで運用したい
  • ・運用負荷を低減したい
  • ・オンプレファイルサーバーの容量を削減したい
  • ・オンプレサーバー(バックアップ等)のメンテナンス削減したい
・ファイルサーバーへの書き込み、読み込み性能を重視したい。
  • ・ファイルサーバーの運用を変更したくない
  • ・オンプレで使用していた監視ツールをそのまま使用したい

Azure で構築する
ファイルサーバーサービスの概要

AzureFile

Azure Filesとは

Azure FilesはAzure上で提供されるファイル共有サービスです。OSに限定されることなくインターネット経由でどこからでも同時アクセスが可能です。また、ファイル共有でよく使用されているSMB(Server Message Block)プロトコルを使用しているため、オンプレファイルサーバーから移行する際もアプリケーションの互換性を気にする必要がないのも特徴です。​

AzureFileSync

Azure File Syncとは

Azure File SyncはWindowsサーバー上のフォルダや共有フォルダをAzure Filesファイル共有と同期し、どこからでも同じファイルを扱うことができるサービスです。Azure File Syncはファイルサーバー(オンプレ、クラウドを含む)とAzure Filesを同期します。

Azure NetApp Files

Azure NetApp Files(ANF)とは

Azure 1stパーティでAzure Portalを介して直接提供されるサービスです。サポートもMicrosoftが行います。NetAppの高性能テクノロジーを活用し、LinuxやWindowsのアプリケーション、複数のファイルアクセスプロトコルをサポートすることが可能です。I/Oストームが発生する状況下でもサイジングを大幅に変更できるためVDI(仮想デスクトップ)環境にて多く活用されいています。​

価格

Azure Filesの価格(参考)

Azure Files
サービスレベル プレミアム トランザクション
最適化
ホット クール
価格 ¥22.1655 / GiB /月 ¥6.9267 / GiB /月 ¥3.4634 / GiB /月 ¥2.5976 / GiB /月
特徴 高いスループット、低レイテンシ、SQL Server FCIに利用可能 高いスループット、Azure File Sync で使用するために、Azure Filesへの移行時などに使用 Azure File Syncなどに利用 利用頻度の少ないファイルアーカイブ目的利用

Azure NetApp Filesの価格(参考)

Azure NetApp Files
サービスレベル ウルトラ プレミアム スタンダード
価格 ¥54.11 / GiB / 月 (東日本) ¥40.52 / GiB / 月 ¥20.30 / GiB / 月
特徴 非常に高いスループット、遅延が 許されない、SAP, HPC, Azure VMware Solutionなどに利用 高いスループット、Azure File Sync で使用するために、Azure Filesへの移行時などに使用 非常に高いスループット、サインインストーム 防止、データベースの応答性向上、VDI, Azure Virtual Desktop, Oracle, SQL Server などに利用

Azure VMのファイルサーバー価格(参考)

Azure VMのファイルサーバー 価格
仮想マシン D4 v3 (4 vCPU, 16 GB RAM) (従量課金制), Windows (ライセンス込み), OS のみ ¥37,249.48 / 月
ストレージアカウント Managed Disks, Standard SSD, LRS 冗長性, E50 ディスク (4.096GiB) 1 ディスク, 従量課金制 ¥35,487.79 / 月
合計 ¥ 72,737.27 / 月

さらに詳しく

ファイルサーバー on Azure 紹介資料

ファイルサーバーのクラウド移行を検討している方にお勧めの資料です。クラウドやMicrosoft Azureが初心者の方でも簡単に概要をつかめます。

ダウンロードする

Microsoft社が解説! ファイルサーバーから 始めるAzure 移行

ファイルサーバー関連のAzureサービスをMicrosoft社が解説します。
失敗しないAzure移行方法もご紹介
(オンデマンド動画)

ダウンロードする