Azure VMware Solution (AVS)あなたのVMware環境をそのままAzureへ

Azure VMware Solution(AVS)を利用すれば、これまでのVMware環境をそのままAzure上で動かすことができます。
慣れ親しんだVMwareは変えることなく、クラウドのメリットを最大限活用することができます。

| 概要 | 特長 | 活用例 | 価格 | さらに詳しく |  お問い合わせ |

VMware環境をAzure上で利用

Azure VMware Solution(AVS)はMicrosoft Azureのサービスとして提供されるVMware vSphereベースのプライベートクラウドサービスです。既存のオンプレミスのVMware環境からほとんど変更を加えることなく、Azureへの移行や環境の拡張ができます。
これまでVMware環境を使い続けないといけない、IPアドレスを変えられないなどの理由で、クラウド化が進まなかったお客様にとってもクラウド移行の新しい選択肢となります。

Azure VMware Solution 特長

VMwareネイティブのスキル・運用もそのまま

vSphereESXi

AVSでは、オンプレミスと同じようにVMwareを利用することができます。

そのため社内で蓄積してきたスキルセットは無駄になりません。
ワークフローやプロセス、スクリプトはそのまま活用でき、セキュリティ基準や監査プラクティス、コンプライアンス認定も見直す必要がありません。
vSphere Client・Power CLIなどのVMwareネイティブの運用機能はもちろん、VMwareエコシステムで提供されるVMware toolsや任意のサードバーティーツールも継続して使用できます。

これまでと変わらずVMwareを利用できますので、切り替えに伴う煩わしさはありません。

Azureのサービスとグローバルインフラを活用

Azureのインフラストラクチャ

AVSはAzureのインフラストラクチャ上で稼働します。
必要なタイミングで必要なだけリソースを用意すればいい、バックアップやメンテナンスなどの管理を任せられる、グローバルレベルの高いセキュリティ基準が利用できるなど、Azureのメリットを受けることができます。
もちろんAzureエコシステムの活用やAzureADの統合、ExpressRoute・Peeringによる低遅延接続など、Azureネイティブなサービスとの統合も可能です。

既存のオンプレミスのからAVSへのVMware環境の移行は、環境構築で2時間・拡張は10分で実現することができます。
5年前のオンプレミスの環境と比べると約20%CPUが向上した環境をAVSでは利用することができ、パフォーマンスの改善も期待できます。

コストの最適化

AVSは、オンプレミスのVMware環境と高い互換性があります。
既存のOSを利用することができますしアプリケーションを作り直す必要もありません。過去の投資を無駄にすることなく、継続して利用することができます。

オンプレミスの環境をAVSに移行すれば、自前のデータセンターを縮小・削減できます。またVMwareとAzureのリソースを統合管理することで、管理コストの削減も期待することができます。

Azureハイブリッド利用特典(AHUB)や拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)などの、Azureのユニークなコスト最適化プランも利用することができます。

活用例

既存VMware環境のクラウド化

これまでVMwareソリューションの利用が必須だった環境も、IPアドレスの変更ができずクラウド化ができなかった環境も、AVSによってクラウドに移行することができます。

システムの一部をAVSでクラウド化し、既存のオンプレミスとL2延伸で接続することで、ハイブリッドクラウド環境を構築することもできます。
オンプレミスからクラウドへの移行・クラウドからオンプレミスに戻す作業も、vMotionを利用すれば仮想マシンの停止は必要ありません。

システムのどの部分をクラウド化すべきか、お客様の指針にもとづいてご活用ください。

事業継続と災害対策(BCDR)

災害対策としてのDRサイトをAVSで実現すれば、DRサイトにMicrosoft Azureの強固なセキュリティを適用することができます。
またDRサイトの重要性に合わせてリージョンの分散やバックアップを設計できるため、必要な安全性を確保できます。
さらに、クラウドサービスによって即座にリソースを割り当てられるため、平常時は最小限のリソースでDRサイトを維持・万一の際にDRサイトをすぐに立ち上げる使い方が可能です。

AVSによって事業の継続を支える、より安く、より安全な環境を手に入れられます。

Azure内にVMware環境を

AzureがサポートしていないレガシーOSのクラウド化や、検証・開発環境としてVMware環境が必要というような用途でも、AVSを利用することができます。
お悩みやお困りごとがあれば、気軽にお問い合わせください。

Azure内VMware環境

参考価格

インスタンスサイズ コア メモリ ストレージ キャッシュ 月契約 1年予約 3年予約
CS28 28 256GB 5.62TB 1.6TB ¥526,861.4/月 ¥368,797.3/月
(-30%)
¥263,424.2/月
(-50%)
CS36 36 512GB 11.25TB 3.2TB ¥752,600.8/月 ¥526,810.7/月
(-30%)
¥376,295.5/月
(-50%)

プロビジョニングされたノード単位での月額料金

  • 展開ノード数は最小3ノード、以降1ノード単位での追加・削除が可能
  • 月単位での課金 (月の半ばにノードをプロビジョニング解除した場合でも1か月分の課金)
  • VMware プライベートクラウド環境の展開・管理に必要な VMware ライセンスを包含
  • プライベートクラウド内で展開する仮想マシンの構成や台数による追加費用なし
    (ゲスト OS として Windows を稼働させる場合は、Azure ハイブリッド特典を適用可能)
  • 1年または3年の予約割引あり

転送料等のネットワーク関連費用は別途Azureの標準的な仕組みに基づき課金

さらに詳しく

Azure VMware Solution 概要資料

ついに登場!Azure環境内にvSphere ESXiを展開できるAVSの詳細資料はこちら

ダウンロードする

AzureVMwareソリューション検証レポート

USリージョンを利用し国内最速で検証を実施。レポートにお纏めしました。

ダウンロードする