Azureでつながる企業WAN︕Global Reachの気になる実⼒とは︕︖

Global ReachはExpressRoute回線を相互に接続し、オンプレミス拠点間でプライベートネットワークを実現できるサービスです。 Global Reachを利⽤すると、Microsoftが世界中に敷設している安定性の⾼いMicrosoft Azureのバックボーンネットワークを利⽤した拠点間通信が可能となります。これによって通信キャリアが提供する国際IP-VPN網などを代替した閉域網接続を実現できます。


サクッと分かる Microsoft Build 2019 の最新情報まとめ

2019年5月6日~8日に開催されたMicrosoft Buildに行ってきました!AI 、Azure Functions、 VMware Azure など気になる最新情報を会場の雰囲気と共にダイジェストでお届けします。


Azureネットワークが広がる︕ グローバルVnetピアリングでのゲートウェイ転送がGAしました︕

先⽇、Vnetピアリングに新たな機能が追加されました。
以前まで未サポートだったグローバルVnetピアリングでのゲートウェイ転送機能のGAが発表されました。


MicrosoftのVDI!Windows Virtual Desktopをつくってみた

Windows Virtual Desktop(以下WVD)は、昨年Microsoft社から発表された新サービスです。 デスクトップ環境をクラウドのサーバーから提供する、いわゆるDaaSと呼ばれる分野のサービスとなります。


ついに公開︕ MicrosoftのDaaS︕︖ Windows Virtual Desktop (WVD)とは

Windows Virtual Desktop(以下WVD)は、昨年Microsoft社から発表された新サービスです。 デスクトップ環境をクラウドのサーバーから提供する、いわゆるDaaSと呼ばれる分野のサービスとなります。


ユーザー判断によるフェールオーバーにより災害時計画がより明確に!!

2月プレビューとなったAzure Storageのフェールオーバー機能の紹介を行います。この機能により災害が起きた際の対策がより具体的にできるようになると思います。


Hybrid AD joinでAzure上のWindows10アクティベーション

Azure IaaSでLinux やWindows Server をデプロイすることはありますが、Windows10ではいったいどうなるのか、ライセンスについての制約事項もあるため実際に検証してみました。


トラブルシュートから監視まで、Azureのネットワーク便利ツール群 – Azure Network Watcher

Azureから提供されるネットワーク監視・検証に役立つAzure Network Watcherを紹介します。Network Watcherには複数の機能があり、監視設定のほかトラブルシューティングやネットワークの検証に役立つ機能が提供されています。


初心に戻ってAzureでIaaSを構築してみた

仮想マシンの作り方含めたIaaS環境の構築をご紹介します。私がAzureを勉強し始めた時と比べてもかなり変化を感じています。以前の仮想マシン作成は過去記事にもありますので、見比べていただくとどのような変化があったのかわかると思います。


Office 展開ツールを使ったOffice 365 ProPlusの導入

Office365を端末にインストールする際に、Office.comのサイトからOffice365アプリのインストールをすることができますが、そのまま実行してしまうと、すべてのアプリケーションが一気にインストールされてしまいます。例えば、OneDriveやSkypeは入れず、Word,Excel,PowerPointのみ使わせたい、など…今回はOffice 展開ツールを使い、Office365の任意のアプリケーションをインストールする手順をご紹介します。