あらゆるデバイスから利用可能なWindows 10/11環境をMicrosoftのクラウドから月額定額制で利用できる

クラウドPC「Windows 365」は、Microsoftのクラウド AzureからWindows 環境を提供する世界初のSaaSソリューションです。
Azure上のWindows環境はユーザーごとに用意でき、ネットワークさえあればストリーミング(リモートデスクトップ)でどんな端末(iOS、Andorid、Windowsなど)からでも利用可能です。どこからでもWndows10/11で作業できるようになるので、テレワークを推奨するあらゆる規模の企業に最適のサービスです。

Windows 365 の特長

個人端末のスペックに依存せず、パーソナライズ化されたWindows環境を利用できる

Windows 365 では、ユーザーが必要とする業務に合わせて、1 台のクラウド PC または複数のクラウド PC を割り当てることができます。各クラウド PC には、異なる構成の計算能力やストレージを割り当てることが可能です。

ユーザの端末として、iOSをはじめあらゆるデバイスに対応しています。実際に稼働するのはクラウド上のPCなので、高機能なものも求められません。

費用は月額固定、好きなスペックを購入したらすぐ使えるから専門知識は不要

Windows 365ではユーザライセンスを購入し、Azureの管理画面からお好きなスペックを選択/操作するだけですぐにAzure上にWindows のPCを用意できます。

いままで煩雑であったVDIやDaaSの知識は一切不要です。

また、月額費用も固定なのでクラウドだといくら掛かるかわからないと言った不安を解消することができます。

セキュリティ対策を簡単に設定、テレワークにおける情報漏洩リスクを削減

Windows 365で利用するWindows環境はクラウド上にあり、インターネット経由の画面転送をユーザー端末に行うだけです。Windows で利用するデータはすべてAzure上に保管され、個人端末からのデータ漏洩リスクを削減します。

また、スマートフォンを使用した2要素認証などが導入でき、接続元のIPアドレスの制限、接続する端末の制限などのセキュリティ対策を取ることもできます。

マイクロソフトのサービスとシームレスに連携できる

Windows 365では、既存のインフラを活用することができ、Azure AD、Microsoft Defender、Microsoft 365 アプリケーション、Microsoft Endpoint Manager のネイティブな統合を実現します。

そのため、特別なスキルや仮想化の経験がなくても、IT 部門が現在使用しているツールを使ってデバイスを管理することが可能です。

Windows 365 の活用例

派遣や協力会社の従業員も含めたテレワーカーの利便性向上

社外や、自宅から社内にアクセスするためのセキュアで利便性の高いWindows環境が提供できます。
利用者はパーソナライズ化されたWindows10/11を利用できるため、利便性を損ねることはありません。

従業員が所有する私物PCからでも、安心の環境で簡単に業務に利用できます。社員には従来からあるクラウドVDI(AVS)を提供し、臨時従業員にはWindows 365を提供するといった使い分けも可能です。

災害対策、事業継続性を高める

いままでのVDIやDaaSとは違い、利用開始までに設計や構築などの複雑な作業はいりません。すばやく簡単に従業員用のWindows 環境を提供できるようになります。

Windows 365 エディションと価格

Edition

Windows 365には、顧客のニーズに合わせた2つのエディションが用意されています

Windows 365 Business

中小規模の組織でシンプルに購入、展開、管理したい場合に最適

  • Cloud PC のアクセスと管理を windows365.microsoft.com から行う
  • デスクトップ版の Office アプリ、Outlook、OneDrive をサポート
  • デスクトップ版の Microsoft Teams をサポート (チャットと音声通話のみ)
  • 最大 300 ユーザー

Windows 365 Enterprise

大企業の組織でMicrosoftサービスと統合したい場合に最適

  • Microsoft エンドポイント マネージャーとの統合による高度な脅威対策、および PC とモバイル デバイスの管理
  • デスクトップ版の Office アプリ、Outlook、OneDrive をサポート
  • デスクトップ版の Microsoft Teams をサポート (チャットと音声通話のみ)
  • ユーザー数の上限なし

価格

選択するスペックによって月額の費用が変わります。
お手元の端末がWindows 10 proの場合は、上記どちらのエディションを選択しても価格は同じです。

Basic

¥4,210
  • 低付加の生産性向上ツールとWebブラウザーを実行します。
  • 2vCPU
  • 4GB RAM
  • 128GBストレージ

Standard

¥5,570
  • あらゆる生産性向上ツールと基幹業務アプリを実行します。
  • 2vCPU
  • 8GB RAM
  • 128GBストレージ

Premium

¥8,970
  • 高パフォーマンスのワークロードと高付加のデータ処理を実行します。
  • 4vCPU
  • 16GB RAM
  • 128GBストレージ

すべてのスペックと価格に関しては、こちらもご確認ください。→Windows 365のプランと価格(マイクロソフト公式ページ)

Windows 365 Enterprise導入にあたっての注意点

Windows365 Enterpriseを利用する際には、認証基盤としてAzure ADとActive DirectoryのHybrid Azure ADが必要になります。こちらは別途構築作業が必要となります。

クラウドVDI「Azure Virtual Desktop(AVD)」とクラウドPC「Windows 365 」の違い

Windows 365 – クラウドPC
最適化されたシンプルさ
Azure Virtual Desktop – クラウド VDI
柔軟性のための最適化
利用可能な環境 Windows 10
Windows 11 (soon)
Windows 10
Windows 11 (soon)
Windows Server マルチセッション・デスクトップ
利用可能なOS Windows / Mac, iOS / Android Windows / Mac, iOS / Android
柔軟性とスペック
  • 予め決められたスペックで選定
  • Microsoft Endpoint Manager によるワンストップ管理
    (Business edition)
  • スペックは柔軟に設計
  • GPUやHPCに特化したワークロードも可能
  • 構成と管理を自社Azure環境でコントロール
サービス拡張
  • Azureサービスと統合可能
    (Enterprise edition)
  • Azureサービスと連携可能
  • Citrix と VMware と組み合わせて利用可能
料金形態 予測可能なユーザーごとの月額定額制 利用状況に応じた従量課金制

Windows 365

Windows 365 はユーザーごとに購入可能な 月額定額制(SaaS) ソリューションです。一人一人に合わせた、安全で拡張性の高い Windows 環境をAzureから提供します。シンプルさを念頭に置いて設計されているため、VDIやDaaSの専門知識がなくても簡単に導入、運用ができます。

Azure Virtual Desktop

Azure Virtual Desktop(VDI)はMicrosoft Azure上に設計できるVDIソリューションです。デスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化を実現し、自社環境のポリシーやユースケースに合わせて柔軟性、管理性を最大化します。また、Azure Virtual Desktop(AVS)のみで利用可能なマルチセッション機能、Citrix や VMware ソリューションとの機能連携などが可能です。

Azure Virtual Desktopについて詳細を知りたい方はこちら >

Windows 365とAzure Virtual Desktopの比較セミナーを実施しました。
どういう場合にWindows 365が適しており、どういう場合にAVDが適しているか、解説していますので是非ご覧ください。

さらに詳しく

Windows 365 概要資料

利用方法や必要なライセンスなど、詳細を知りたい方は資料を
ご覧ください。

ダウンロードする

Windows 365・AVD 価格比較シミュレーション

スペックや稼働時間をお選びいただくことで、Windows 365とAVD の費用比較をしていただけます。

試してみる

Windows 365 Enterprise 検証キャンペーン

Windows 365 Enterprise のPoCをご支援します。環境構築・1か月間のサポート。

内容を確認する