Azure VMware Solution (AVS)の価格は?最小構成は?

Azure VMware Solution 価格
Microsoft Azure上でVMware環境を利用できるサービス「Azure VMware Solution(AVS)」がリリースされました。

VMware環境のクラウド化をご検討されている方にとっては、移行先としてAzureのみならずAWS 、GCPなども比較していることと思います。
その中でも特に気になるのは。「価格」ではないでしょうか?

そこで、今回の記事ではAzure VMware Solution(AVS)ならではの価格メリットと、実際に導入する際に必要となるランニングコストについて解説していきます。

※Azure VMware Solution の概要詳細については、Microsoft登壇のオンデマンド動画にてご覧いただけます。

>>Microsoftが解説!Azure VMware Solution(AVS)とは?

 

1.そもそもAzure VMware Solutionって何?

Azure VMware Solution(AVS)は、Azure内でVMware vSphere環境を簡単に利用できるサービスです。
このAzure内のサービスとしてVMwareプライベートクラウド環境を利用することにより、現在自社で運用しているサーバーやソフトウェアなどの運用を全てクラウド上で行えるため、大幅な運用工数削減が可能となります。

マイクロソフトとVMwareは競合関係にあるため、このサービスを信頼・利用しても大丈夫なのかと思っている方は多いと思います。

実際、昔はそのような関係性だったようですが今では強力なタッグを組んでいます。Microsoft、VMwareの両社共にグローバルパートナーとして認定していますので、安心してご利用いただけます。
AVSの特徴について詳しくは下記のブログで解説しておりますので、ご参照ください。

>>「Azure VMware Solution(AVS) とは?3つのメリットをご紹介」はこちら

2.AVSならではの価格メリットとは?

Azure VMware Solution(AVS)を利用する最大のメリットは、Microsoft社ならではのサービスと連携した価格メリットです。

1)拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)を無償で利用できる

ESUとはExtended Security Updatesの略で、Windows 7デバイスを今後も使用したい方のためのセキュリティ更新プログラムのことです。
Azure VMware Solution(AVS)では、Windows2008R2・SQL Server2008 R2を対象とし、こちらのセキュリティパッチが無償で利用できます。通常、ESUは3年間で約37,500円ですので、無償で利用できるのはかなりお得ですね。

2)現在利用中のライセンスをそのまま利用できるから、無駄がない

現在、オンプレミスで使用しているソフトウェアアシュアランス付きライセンスを、 Windows Server ・SQL Server のライセンスをそのまま Azure VMware Solution(AVS)で使用できます。さらに、移行中はひとつのライセンスでの同時利用も可能です。

3)一括契約をすると大幅な割引があってお得

クラウドサービスと言えば、利用しただけ支払う月額制の料金体系が魅力的です。しかし、長期利用することを確約し、一括で支払うこもできるんです。その場合、長期割引が適用され、1か月ごとに支払う場合よりお得に利用することができます。

以上の価格メリットより、まず言えるのが、現在WindowsServerをメインで使用している企業の方はAzure VMware Solution(AVS)の価格メリットの恩恵を一番受けられることとなり、余分なコストがかからずそのまま丸ごとお引越しできます。

 

Azure VMware Solution 価格

3.Microsoftのサポート範囲が広いのも価格メリット

Azure VMware Solution(AVS)は全てMicrosoftが責任をもってサポートしており、何か問題が起きた際の問い合わせ窓口は常にMicrosoftです。AzureやVMware環境特有の事象を含むあらゆるレイヤーのインシデントにMicrosoftが対応します。仮にVMwareのサポートが必要となった場合でも、MicrosoftがVMwareのサポートと連携し両社のエンジニアが共同で問題を解決しますので、お客様にて切り分けなどの対応も一切不要です。

また、Azure VMware Solution(AVS)稼働に必要なVMwareライセンス(VMware vSphere、vSAN、vCenter、NSX、HCX)も基本料金に含まれているため、別途ライセンスを調達する必要もありません。

運用にかかる工数や、ライセンスの調達などの観点でもAzure VMware Solution (AVS)は、価格メリットがありそうです!

 

Azure VMware Solution 価格

4.AVSの価格は?(最小構成で試算してみます)

AVSの最小構成

AVSは1つ以上のクラスターで構成、クラスター自体は3~16台のホストノードで構成する必要があります。縮小や拡張はホストノード単位で可能です。
つまり、AVSを最小構成で導入する場合は1クラスター、3ノードという構成になります。

 

 

 

現在、Azure VMware Solution(AVS)で選択できるインスタンスサイズは「AV36」で、1ノード分のスペックは下記のとおりとなります。

インスタンスサイズ CPU メモリ フラッシュストレージ NVMe キャッシュ
AV36 dual Intel 18 core 2.3 GHz 
576 GB 15.36 TB 3.2 TB

※最新情報はこちらをご参照ください。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/azure-vmware/

ランニングコスト

「AV36」の1ノード辺りの費用は下記の表となります。
Microsoft Azureでは、インスタンスが割引になる制度があり1年、3年で予め予約しておくことで費用を抑えることができます。

時間単位 1年予約(34%割引) 3年予約(53%割引)
¥1180/時間 ¥789.8/時間 ¥555.5/時間

※1ドル=110円で試算

仮に24時間、30日Azure VMware Solution を3ノードで稼働させた場合、以下の費用となります。

時間単位の場合(割引なし):
(¥1,180/時×24時間×30日)×3node=¥2,548,800/月額

1 年予約インスタンスの場合(割引あり):
(¥789.8/時×24時間×30日)×3node=¥1,705,968/月額

3 年予約インスタンスの場合(割引あり):
(¥555.5/時×24時間×30日)×3node=¥1,199,880/月額

また別途、通信量や、ネットワークの費用などは必要となりますのでその点はご注意ください。
しかし、この価格にはNSX-T、vSphere、vSAN、HCX Advanced の VMware ライセンスコストが含まれます。

上記でもご説明している通り、VMwareのサポート自体もMicrosoft が実施するため運用工数はだいぶ削減できるのではないでしょうか。
ぜひ、既存でDCなどを契約している場合はハードウェアのスペック/価格比較のみならず、VMwareライセンス/サポート、システムのサポートなども含め比較してみてください。

 

構築費用(初期費用)

2021年4月現在、マイクロソフト社にて「令和のサーバー移行キャンペーン」を実施しており、Azure VMware Solution(AVS) も対象となっております。2021年6月までの期間限定にAzure VMware Solution(AVS)最小構成の構築費用が、なんと「無償」です。

構築費用=無償(2021 年6月まで)

最小構成限定なので、検証をやってみたい方にはピッタリのキャンペーンです。

\期間限定にて無償構築/

Azure VMware Solution 構築Azure VMware Solution 構築パック

 

価格のみならず「性能など確認したい」「オンプレにあるVMware環境の棚卸から始めたい」などご要望ございましたら、弊社にてご支援いたしますのでぜひお気軽にご相談ください!

この記事を書いた人

NE + Azure 編集部
こんにちは!日商エレクトロニクスでは、Microsoft Azureに関する有益な情報を皆様にお届けしていきます。クラウド移行に関するお困りごとや、Microsoft Azureに関する疑問点などお気軽にご相談ください。

ブログにしてほしいネタなどのリクエストもお待ちしております。