2018年9月に米国で開催された「Microsoft Ignite 2018」にあわせて、Azure Virtual WAN(以下、Virtual WAN)の一般提供が開始されました。今回の記事では新たにリリースされた拠点間接続サービスであるVirtual WANの紹介をしていきます。



1.Azure Virtual WANとは

Virtual WANはMicrosoft Azureが提供する大規模拠点間接続サービスです。Azureを介して拠点間接続を行うことができ、推奨パートナーデバイスを使用すれば構成を自動化することができます。

Virtual WANの構成は以下の図に示すような、Azure上にデプロイされる仮想ハブに仮想ネットワークや拠点ネットワーク(のデバイス)が接続するハブ・アンド・スポークのネットワークです。仮想ハブはAzure側で管理され、SLAは99.95%として提供されます。

Virtual WANは以下のような特徴があります。

  • 大規模ハブ・アンド・スポーク型ネットワークの構成を提供

Azureが管理する仮想ハブに、拠点ネットワークや仮想ネットワークをスポークネットワークとして接続可能です。最大1,000拠点と接続が可能。(従来のS2S VPN接続上限は30拠点まで)

  • スポークデバイスの設定と構成の自動化

推奨パートナーのデバイスを用いれば、構成情報を投入するだけで容易に拠点間接続を構成可能

  • 直感的なトラブルシューティング

Network Watcherと連携し、リソースの状態やVM間での通信疎通性を監視


2.Virtual WANの構成方法

Virtual WANではサイトと呼ばれる拠点デバイスとその設定情報を、Azureが管理する仮想ハブと連携し、接続を確立します。仮想ハブ内には拠点接続用のハブゲートウェイがアクティブ・アクティブでデプロイされます。通常のVPNと同様にBGP構成も利用できます。ハブゲートウェイはスケールユニットあたりの帯域幅500 Mbpsで、最大4スケールユニットまで利用可能です。

現在、仮想ハブはリージョンにつき1つまで作成可能です。仮想ハブには同一リージョン内の仮想ネットワークと、最大1,000拠点までの拠点ネットワークをS2S接続できます。仮想ハブのスループットは現在日本リージョンでは最大2 Gbpsとなっていますが、将来的には20 Gbpsまで拡張するロードマップとなっています。また、接続方法はS2S接続のみがサポートされ、ExpressRouteとP2S接続はプレビュー段階です(2018年11月19日現在)。

拠点デバイスには、Microsoftが発表している推奨パートナー製品を用いるか、IKEv2/IKEv1 IPsecに対応したデバイスであれば接続が可能です。従来のS2S接続で用いていたデバイスであれば対応可能かと思われます。

仮想ハブに接続されたネットワーク間の通信は、すべて仮想ハブを経由することになります。拠点と仮想ネットワーク間での通信であれば、拠点デバイスからIPsecトンネルを通ってハブゲートウェイを経由し、ピアリングされた仮想ネットワークに到達します。拠点同士間での通信の場合でも、仮想ハブを経由して通信が行われます。(拠点A→プロバイダA網→MSエッジ→Azure DC(仮想ハブ)→MSエッジ→プロバイダB網→拠点Bといった流れ)

仮想ハブにサイトとして拠点デバイスの情報を設定すると、仮想ハブの構成情報をダウンロードできるようになります。Virtual WANの自動デプロイに対応した製品であれば、この構成情報を適用することで自動的に設定情報が構成され、Virtual WANとの接続が開始されます。

仮想ネットワークとの接続は仮想ハブと同一リージョンにある仮想ネットワークとVNetピアリングで接続することが可能です。


3.Virtual WANの料金

Virtual WANの料金を以下にまとめます。仮想ハブは常時可動させるため、月間稼働時間は730時間として計算します。Virtual WANでは接続にも1本目から料金が発生します。こちらも接続が確立している限り課金されるので、月間730時間で料金試算します。通信料金はS2S VPNと同様で1GBあたり¥13.44がAzure DCから出ていくトラフィックに対して課金されます。

種類 料金 月額 単位
VPNスケールユニット ¥40.44/h ¥29,521.2 スケールユニットあたり
(帯域幅500 Mbps)
VPNサイト間接続ユニット ¥8.96/h ¥6540.8 1接続あたり
通信料金 ¥13.44/GB Azureからのエクスポートトラフィック

3-1.料金比較

国内の1拠点と海外の拠点2つを接続する場合での料金を試算してみます。まず、市場を参考にした海外拠点との国際IP-VPNサービスを比較例としてあげます。国内拠点からのVPN接続サービスと拠点からのアクセス回線の料金は含まず、赤枠で囲った国際IP-VPNサービスの料金で¥110,000/月となります。

続いて、同様に国内の1拠点と海外の拠点2つをVirtual WANで接続する場合を考えます。この場合に必要な構成要素は『VPNスケールユニットの利用料とサイト間接続ユニット料金x3』です。各プロバイダからは直近のMSエッジルータからAzureデータセンターへ通信が到達します(下りも同様です)。

¥40.44 x ¥730 + ¥8.96 x ¥730 x 3 = ¥49,143.6/月(VPNスケールユニットは1スケールユニットとして試算)

拠点間の通信が月間1TiBだとすると、通信量は¥13.44 x 1024 = ¥13,762.56となり合計で¥62,906.16/月となります。

このように、一般的な国際VPNサービスと比較すると、約40%利用料金を削減できる試算となりました。
Virtual WANは、従来のS2S VPN接続ではカバーしきれない大規模なAzureとの拠点間接続を実現できます。

また、通信が不安定な海外拠点との接続サービスとして利用することで、Microsoftが世界中に展開している安定して高速なバックボーンネットワークの恩恵を享受することが可能です。

この記事を書いた人

曽根悠斗
曽根悠斗
仮想基盤分野のエンジニア,曽根です。
昨年まではネットワークの構築を担当しておりました。
進歩の早いクラウド技術に置いて行かれないよう,日々成長していきます。