AzureADが名称変更!「Microsoft Entra ID」とは?

 

製品のマルチクラウド機能を表現するため、またWindows Server のActive Directory との混同をさけるため、マイクロソフトはAzure ADの名前を「Microsoft Entra ID」に変更しました。

この変更は2023年10月1日より適用されています。

今回は主な変更点についてご紹介します。

 

1. 製品名

これまで使われていた旧名称はすべて、新名称に置き換えられます。

■旧名称

・Azure Active Directory

・Azure AD

・AAD

 

■新名称

・Microsoft Entra ID

 

2. 製品ロゴ

これまで利用されていたAzure ADのアイコンはMicrosoft Entra ID の製品ロゴに変わります。

 

Microsoft Entra ID (旧称 Azure Active Directory) | Microsoft Security

 

3. 機能名

これまでAzure Active Directory <機能名>や、Azure AD <機能名>という名称だった機能について、

機能名称が変更され、Microsoft Entra に変わります。

例えば以下のような変更があります。

 

■旧名称

・Azure AD 条件付きアクセス

・Azure AD シングルサインオン

■新名称

・Microsoft Entra 条件付きアクセス

・Microsoft Entra シングルサインオン

 

4. Azure Portal

Azure Portal上の名前もすでに変更されています。

 

 

この記事を書いた人

髙橋 和輝
髙橋 和輝
テクニカルマーケターとして、新技術の検証、ブログ執筆、セミナー講師を行っております!
学生時代はアプリ開発に興味がありましたが、インフラ、セキュリティ事業を経て、現在はクラウド屋さんになっております。
コロナ禍前は、月1で海外旅行にいくなどアクティブに活動していましたが、最近は家に引きこもってゲームが趣味になっています。

宜しくお願い致します!