新世代ハイブリットクラウドサービス
Azure Stack HCI

MicrosoftのHCIソリューションであるAzure Stack HCI
ハイブリットクラウドサービスとしての機能を強化し、
新しいHCIオペレーティングシステムとして提供しています。
オンプレミスとクラウド、両環境の一元管理が可能となり、
また既存のスキルを活用いただくことができます。

Azure Stack 5つの特長

Azureをプライベートクラウドとして利用

インターネットに接続できない環境でもAzureをプライベートクラウドとして利用することができます

Azureの最新技術を活用し開発に専念

社内環境でPaaS、FaaS等のAzureの最新技術を活用できるため、インフラを意識することなく開発に専念できます

高いセキュリティは保ったまま

社内環境の高いセキュリティは保ったまま、社内システムをクラウド化できます

新たな教育コスト100%カット

クラウド状のAzureと操作性が変わらないため、新たな教育をする必要がありません

ワンストップで低コスト

社内環境の複雑なネットワーク設計からAzureへのExpressRoute構築までワンストップでご提供します

Azureをプライベートクラウドとして利用

Azureをプライベートクラウドとして利用

Azure Stackはハードウェアベンダの物理サーバとして提供されており、社内環境から接続可能な場所に設置することができます。そのため、インターネット環境が不安定な環境や、セキュリティ上インターネットに接続できない環境でもプライベートクラウドとして安定したAzureのサービスを提供可能です。

Azure StackはAzureのプライベートクラウドとして提供されるため、Azure Stackは社内の管理者が管理を行えます。そのため、社内のガバナンスに沿って、展開可能なOSバージョンの指定やリソースの制限等を細かく指定することができます。利用者は管理者によって提供されるサービスに対してAzureと同様にサブスクリプションを生成することで個人のアカウントと紐付られ、従量課金で利用することができます。


Azureの最新技術を活用し開発に専念

Azureの最新技術を活用し開発に専念

Azure Stackは社内設置型のアプライアンスでありながら、クラウドファーストで毎月アップデートを行い、常にAzureの最新技術を活用できます。もちろん、アップデート時もプライベートクラウドのサービス提供を止める必要はありません。このようにAzureの最新技術を取り入れる事ができるため、Azureで提供されるPaaSやFaaS等を社内環境で利用することができ、これらを活用したDevOpsが実現できます。そのため、サーバの構築時にサーバ管理者に問い合わせ環境を準備してもらう時間やそれらを管理するために今まで割いていたコストを無くし、開発に尽力することができます。


高いセキュリティは保ったまま

高いセキュリティは保ったまま

社内システムをクラウド化する際に問題になるのがセキュリティです。社内での利用することができ、社外に保存することができない情報を利用していた場合、パブリッククラウドを用いたクラウド化は困難です。Azure StackはAzureと共通のサービスを利用できるため、一貫性のある開発環境を構築できます。そのため、Azureで開発したアプリケーション等をAzure Stackにそのまま移行でき、Azure Stackで開発したアプリケーション等も設定を変更することなくAzureへ持っていくことができます。このことから、社内システムをAzure Stackで構築し終わった段階でそのままAzureで移行・稼働させ、データの参照などはAzure Stack上に置いておくことで社外にデータを保存することなく社内システムをクラウド化することができます。


新たな教育コスト100%カット

新たな教育コスト100%カット

Azure StackはAzureと同様に利用者がWebブラウザを使ってポータルにアクセス、ログインすることで利用できます。このポータルはAzureを提供しているMicrosoftが作成しているため、同一のUIとして構成されています。そのため、Azureの利用者はAzure Stackを利用する際に、新しく学習をする必要がなく、すぐに使いだすことが出来ます。これにより、教育にかかる費用や時間等の教育コストは100%カットすることが出来ます。


ワンストップで低コスト

日商エレポイント

Azure Stackは社内環境へ設置して社内からアクセスするために社内ネットワークと接続する必要があります。また、Azure StackとAzureを接続するための条件もあり、導入時にはネットワークの設計から考える必要があります。そのため、社内ネットワークの専門的な知識やAzureの知識等の幅広い知識とそれを実現するための技術が必要となります。また、AzureとAzure StackをExpressRouteで接続するためにも通常複数社に導入を依頼する必要があります。日商エレはネットワーク分野において多くの実績があるため様々なネットワークの状態にも対応することができ、ExpressRouteも提供可能な体制となっています。そのため、日商エレならワンストップで全てのソリューションを提供できるため、お客様の負担やコストを減らすことができます。

Azure Stuck HCI 4つのメリット

経済的

HCI構成要素に必要なソフトウェアライセンスが全てOSライセンスに含まれています。

ハイパフォーマンス

RDMAネットワークを標準採用しているため、高パフォーマンスと、CPUのリソース消費抑制を実現します。

高い運用性

新しい運用ツールは、Windowsに慣れないユーザやビジュアル的な操作を重視するユーザへも対応しました。

安心

Azure Stack HCI専用のサービスとサポートをご提供します。

経済的

Azure Stack HCIは、Windows Server 2019 Datacenterに、ハイパーバイザー(Hyper-V)、ストレージ(高速SDS)などのHCI標準機能を搭載しております。
そのため低コストでご利用いただけ、最大70%のソフトウェアコストを削減できます。(※1)
※1 従来VMwareソリューションとの比較


ハイパフォーマンス

Azure Stuck HCIは、RDMAネットワークを標準採用しており、高パフォーマンスと高い経済性を提供しております。

※RDMA(リモートダイレクトメモリアクセス) は、コンピュータ間のデータ通信において、一方のコンピュータのメモリから、もう一方のコンピュータのメモリにダイレクトに転送することで、高パフォーマンスと、CPUのリソース消費抑制を実現する技術です。


高い運用性

Azure Stuck HCIの新たな運用ツール「Windows Admin Center」は、HCIの管理・Hyper-V(ハイパーバイザー)の管理・S2Dの管理がダッシュボードで一元管理されています。
Windowsユーザー、Azureユーザーはもちろん、どのような方にも使いやすい仕様となっております。

また、Azure Backup や Azure Site Recovery、Azure Security Center などのAzureサービスも簡単にご利用いただくことができます。


安心

Azure Stack HCI専用の導入サービスと保守サポートをご用意しております。
導入サービスをご利用いただくことで、短期間でHCIをセットアップが可能となり、お客様は仮想マシンを作るだけとなります。
保守サポートでは、HCI専用サポートを最長7年でご提供しております。障害時も検証済パーツ提供を保証しておりますので安心してご利用いただけます。

なお、豊富なオプションサービスでは、標準のHCI導入サービス範囲外の作業も対応しております。日々進化するAzure上で展開されるさまざまなサービスを使ったシステム導入支援や既存オンプレミスからAzure Stack HCIへの移行もぜひご依頼ください。

日商エレクトロニクスが提供する
Azure Stuck HCI 構築サービス

日商エレクトロニクスは、オンプレミスとクラウドの導入実績を生かしお客様が安心してご利用いただける
「Microsoft Azure Stack HCI」の構築サービスをお届けいたします。
専用の導入・保守サポートを含めたパッケージでのご提供となります。

パッケージ構成例

ハイブリッド

ハードディスクとフラッシュデバイスで構成
コストパフォーマンス重視

オールフラッシュ

すべてをフラッシュデバイスで構成
パフォーマンス重視

メーカー Dell Technologies
モデル ハイブリッド/AX-640 x2 オールフラッシュ/AX-640 x2
サーバ構成※1 CPU: Intel Xeon Silver 4208 2.1G x2(Total 16コア)/ メモリ: 192GB /ネットワーク: 25Gbps x2(ストレージ用 2ノード間 ダイレクト接続), 10Gbps x2+1Gpbs x2(サービス、管理用) / システム起動デバイス(OS領域): BOSS M.2 240GB(RAID1)/ 管理コントローラ: iDRAC9 Enterprise / OS: Windows Server 2019 Datacenter Edition
ストレージ(内蔵)※1 SSD(キャッシュ): 1.92TB x2 /
HDD(キャパシティ): 2TB x8
SSD(キャパシティ): 1.92TB x4
実効容量※2 12.8 TiB/14 TB 5.3 TiB/5.8 TB
保守サポート 3年 製品保証
24時間365日 電話・メール・Webインターフェースでの対応(ProSupport)
オンサイト診断・保守サービス(翌営業日)
ご参考価格 導入サービス付き※3 導入サービス付き※3
標準価格 ¥7,994,654
¥3,619,000(税込)
標準価格 ¥9,331,412
¥4,290,000(税込)
標準価格 ¥7,497,142
¥4,180,000(税込)
標準価格 ¥8,833,900
¥4,950,000(税込)

 

※1 1ノードあたりのスペックとなります。
※2 リザーブ領域を考慮した容量となります。
※3 導入サービスには、ラック搭載、ケーブリング、OSインストール、Hyper-Vクラスタ設定、S2D設定が含まれます。
ネットワークケーブル、トランシーバーは含まれておりませんので別途準備が必要です。

さらに詳しく

Azure 構築 / 運用支援 サービス内容

当社ではお客様環境調査から、構築、運用支援までトータル支援いたします。
安心してお任せください。

詳しくみる

Azure IaaSとは? 無償の資料はこちら

Azureが提供するIaaSサービスをご紹介します。各機能から細かなスペックまで網羅されています。是非ご活用ください。

ダウンロードする

オンプレからAzureへの移行方法

オンプレミスからMicrosoft Azureへの移行方法を解説しています。移行を検討される際にご活用ください。

ダウンロードする