Windows Server 2008 / SQL Server 2008Azure移行でサポート延長

以下は、サポート終了が近づいています。

◆SQL Server 2008 R2: 2019年7月9日に終了
◆Windows Server 2008および2008 R2: 2020年1月14日に終了

しかし、Azureに移行することで無償にて3年間サポート延長できることをご存知ですか?

製品名 リリース日 メインストリーム
サポート終了日
延長サポート
終了日
Windows Server 2008 2008年5月6日 2015年1月13日 2020年1月14日
Windows Server 2008 R2 2009年10月22日 2015年1月13日 2020年1月14日
SQL Server 2008 R2 2014年7月8日 2019年7月9日

以下は、サポート終了が近づいています。

◆SQL Server 2008 R2: 2019年7月9日に終了
◆Windows Server 2008および2008 R2: 2020年1月14日に終了

しかし、Azureに移行することで無償にて3年間サポート延長できることをご存知ですか?

製品名
Windows Server 2008
リリース日
2008年5月6日
メインストリームサポート終了日
2015年1月13日
延長サポート終了日
2020年1月14日
Azure移行でさらに延長
2023年1月14日
製品名
Windows Server 2008 R2
リリース日
2009年10月22日
メインストリームサポート終了日
2015年1月13日
延長サポート終了日
2020年1月14日
Azure移行でさらに延長
2023年1月14日
製品名
SQL Server 2008 R2
リリース日
メインストリームサポート終了日
2014年7月8日
延長サポート終了日
2019年7月9日
Azure移行でさらに延長
2022年7月9日

<VMware & Microsoft 登壇!>Windows Server 2008 / R2 & SQL Server 2008 / R2 利用者向けAzure入門セミナー

【日時】 2018年12月12日(水)14:00~17:00(受付開始 13:40~)
【場所】 ベルサール東京日本橋

お申し込みはこちらから

Windows on Azureのメリット

既存のライセンスの持ち込みができるから無駄がない

他社よりも安いクラウド利用料

ハイブリッドクラウドで企業のインフラと共存

高いセキュリティで運営されているから機密データも安全

Azure SQL DatabaseなどのPaaSサービスでコスト削減

様々な方法でのAzure移行をサポート

Azureとのネットワーク接続までまるっとお任せ

Windows Server 2008 / SQL Server 2008 のAzure移行資料

Microsoft社のテクノロジースペシャリストと日商エンジニアが作成した、Azureの紹介や移行のポイントをまとめた資料になります。

既存ライセンスを持ち込めるからコストを抑えられる!

Azureはお客様専用環境でなくても、Windows ServerやSQL Serverライセンスの持ち込みが可能です。

その理由は、お得なAzureハイブリッド特典があるからです。

Windows Server 向けのAzureハイブリッド特典は、既存でソフトウェア アシュアランス付きのWindows Server ライセンスまたは Windows Server サブスクリプションを持っている場合、ライセンスをそのままAzureへ持ち込める特典です。お客様が支払うのは低価格な基本コンピューティング料金(Linux仮想マシンの料金)のみ。仮想マシンにかかるコストを最大 40 パーセント削減できます。

同じく、SQL Server向けのAzureハイブリッド特典も、既存でアクティブなソフトウェア アシュアランス付きの SQL Server ライセンスを持っている場合、Azureへ持ち込むことができるので無駄な投資が不要になります。


他社よりも安いクラウド利用料

Azureは他社が値下げをした場合に、追従して値下げを行いますので必ず最安です。
また、日本円で使用できるので為替リスクがありません。
日商エレから購入すれば、請求書払いができるのでクレジットカードは必要ありません。


全部クラウド化しなくても大丈夫!

Azureはハイブリッドクラウドで、企業設置のアプリケーションとAzure上のSQLを共用利用することが可能です。専用回線であるExpressRouteやVPNなど様々なオプションを提供しています。


機密データも安全

多くの公的承認を獲得。金融機関も利用しています。
セキュリティはMicrosoftが最新技術を駆使してリアルタイムにインシデントを監視、対策しています。


AzureSQLなど、お客様に合わせて様々な移行方法を検討

Azureはハイブリッドクラウドで、企業設置のアプリケーションとAzure上のSQLを共用利用することが可能です。専用回線Azure ExpressRouteやVPNなど様々なオプションを提供しています。


様々な方法でのAzure移行をサポート

日商エレではお客様の環境に合わせて、移行ツールの選定や移行計画を検討し支援いたします。
また、Azureとのネットワーク接続も日商エレの窓口で実施できますのでAzureに関することを一括で対応いたします。

構成イメージ

料金イメージ

すでにお持ちのライセンスを持ち込まない / 持ち込むケースでそれぞれ記載いたします

※DS3 v2 東日本リージョン想定

ライセンスを持ち込まない場合のSQL Server構成(Windows ServerOS)
ご利用サービス お支払形式 月額費用 備考
仮想マシンインスタンス(3年間予約インスタンス) x1台 3年一括 ¥58,374 ・予約インスタンスは利用年数分を一括購入頂くことで月額従量課金と比較し安価にご利用可能なサービスです
・Windows OS、SQL Serverライセンスは分課金内に含まれています
・SQL ServerはStandard / CPU 4core(100% 割り当て), 14GB RAMの構成です
・仮想マシンインスタンスは24時間稼働の想定です
ディスクサービス(SSD) x1台 月額 ¥2,539 ・SSDの容量は128GiBです
通信料(Azure⇒オンプレミス)※閉域網ご利用時 月額 ¥1,080 ・毎日10GBのデータ通信がAzureからオンプレミスに向けて発生する想定です
・オンプレミスからAzureに向けては通信料は発生しません
閉域網サービス(200Mbps) 月額 ¥160,000 ・日商エレご提供の閉域網接続サービスのご参考価格です
・月額費用以外に、別途オンプレミス側へのルーター設置費用が発生いたします
Azure利用料金合計 ¥221,993
ライセンスを持ち込む場合のSQL Server構成(Windows ServerOS)
ご利用サービス お支払形式 月額費用 備考
仮想マシンインスタンス(3年間予約インスタンス) x1台 3年一括 ¥9,837 ・予約インスタンスは利用年数分を一括購入頂くことで月額従量課金と比較し安価にご利用可能なサービスです
・Windows OS、SQL Serverライセンスは分課金内に含まれていません
・CPU 4core(100% 割り当て), 14GB RAMの構成です
・仮想マシンインスタンスは24時間稼働の想定です
ディスクサービス(SSD) x1台 月額 ¥2,539 ・SSDの容量は128GiBです
通信料(Azure⇒オンプレミス)※閉域網ご利用時 月額 ¥1,080 ・毎日10GBのデータ通信がAzureからオンプレミスに向けて発生する想定です
・オンプレミスからAzureに向けては通信料は発生しません
閉域網サービス(200Mbps) 月額 ¥160,000 ・日商エレご提供の閉域網接続サービスのご参考価格です
・月額費用以外に、別途オンプレミス側へのルーター設置費用が発生いたします
Azure利用料金合計 ¥173,456 別途ボリュームライセンスで購入し、SAが付与されたWindowsOS、SQL Serverライセンスが必要です
ボリュームライセンスは購入数・ご契約内容・ご利用コミットメントに応じて金額が変動するため、費用については別途LSP様にご確認ください
https://www.microsoft.com/ja-jp/Licensing/how-to-buy/LSP.aspx

30秒で価格がわかるオンライン見積

希望のスペックを選択するだけで、

参考価格がその場でわかります。

見積もる

よくある質問と回答

Windows Server 2008 R2:2020年1月14日にサポート終了
SQL Server:2019年7月9日にサポート終了

以下のリスクが考えられます
・サポート時にメーカーサポートが受けられず、問題が長期化する
・セキュリティパッチがリリースされないので、深刻なセキュリティーホールが発生し、マルウェア/ウイルスの脅威にさらされる

ライセンス / サーバーOSやSQL Serverイメージをオンプレミスから持ち込まない場合と持ち込む場合に分けてご回答いたします。

①ライセンス / サーバーOSやSQL Serverイメージをオンプレミスからを持ち込まない
以下イメージはAzure Market Placeで提供されているため、ライセンス利用料を含んだ形でそのまま展開/ご利用頂けます
Windows Server:2008R2SP1
SQL Server:2008R2SP3 on Windows Server 2008 R2

②ライセンス / サーバーOSやSQL Serverイメージを持ち込む
上記以外の場合、イメージとライセンスをAzure上に持ち込み、ご利用頂きます
まずは、Power ShellやAzure Resorce Managerのテンプレートを用いて、Azure上に任意のOSイメージをもったWindows Serverマシンを構成します。その後、SQL Serverを手動でインストール頂きます。

可能です。
ただし、既存オンプレミスでご利用中のWindows Server OS/SQL Server ライセンスをAzureへ持ち込む場合、ソフトウェアアシュアランス(SA)が付与されている必要がございます。
※SAは、Microsoft社の包括的ライセンス(ボリュームライセンス)に含まれており、Lisence Service Provider(LSP)から購入可能です。
※LSP リスト
https://www.microsoft.com/ja-jp/Licensing/how-to-buy/LSP.aspx

Windows Server 2008 R2 SP1の場合はAzure Market Placeで提供されているイメージを展開いただき、マシン構成時に「ハイブリット特典」の利用を選択頂くことで使用可能です
上記以外のOSイメージの場合は、カスタムイメージとしてAzure上に持ち込みます
<カスタムイメージの持ち込み>
・予めオンプレミスで構成したOSイメージをVHD形式でAzureのストレージサービスへ移行
・Power Shellなどを用いてAzure上に仮想マシンインスタンスを展開
・展開時に持ち込んだカスタムイメージを指定し、仮想マシンを構成

ハイブリットAzure特典(Hybrid Azure Benefit)は、オンプレミス環境でお持ちのSA(ソフトウェアアシュアランス)権が付与されたWindows Server OSライセンスをAzure上でもご活用頂ける特典です
SA付きのWindows Server 2プロセッサライセンス 1つにつき、Azure上の8コア 仮想マシンインスタンスを2台ご利用頂けます
本特典をご利用頂くことで、Azure上でWindows OSライセンス費用が従量課金の請求対象外となります

Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012 および Windows Server 2008 R2 SP1 をご利用のお客様はAzure Market Placeからハイブリット特典付きの仮想マシンインスタンスを直接デプロイ可能です。
Windows Server 2008など上記以外のOSバージョンや、カスタムしたOSをご利用の場合、Power ShellやAzure Resorce ManagerのテンプレートによるAzure仮想マシンインスタンス デプロイ時に、「ハイブリットAzure特典フラグをたてるオプション」を引数として使用することでご利用頂けます。

以下の方法でお持ちのSQL ServerライセンスをAzure上に持ち込み可能です
①Azure Market PlaceでSQL Server(BYOL)をご購入 or カスタムイメージを持ち込む (No.4の回答をご参照ください)
※SQL Serverライセンス分は従量課金に含まれないWindows Serverの仮想マシンインスタンスです
※Windows ServerOSもBYOLされる場合は、加えて「ハイブリットAzure特典」をご利用頂くことで実現可能です
②展開した仮想マシンインスタンスに手動でSQL Serverをインストール
③SQL ServerイメージをオンプレミスからAzureへアップロードし、仮想マシンを作成する

※ライセンスの利用は、専用フォームから10日以内にMicrosoft社へ報告頂く必要がございます
http://www.microsoftvolumelicensing.com/DocumentSearch.aspx?Mode=2&Keyword=License%20verification

Windowsのフェールオーバークラスタリング構成は可能です
ただし、以下OSバージョンでは指定のHotFixを適用する必要があります
<Hot Fix適用が必要なServer OS>
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016

可能です。
ただし、既存オンプレミスでご利用中のWindows Server OS/SQL Server ライセンスをAzureへ持ち込む場合、ソフトウェアアシュアランス(SA)が付与されている必要がございます。
※SAは、Microsoft社の包括的ライセンス(ボリュームライセンス)に含まれており、Lisence Service Provider(LSP)から購入可能です。
※LSP リスト
https://www.microsoft.com/ja-jp/Licensing/how-to-buy/LSP.aspx

ソフトウェアアシュアランスによるライセンスの持ち込みを利用しない場合、アクティブ/パッシブ両方の仮想マシンインスタンス費用がAzure上で発生します
ライセンス持ち込みをご利用の場合、SAに含まれる特典により、フェイルオーバー権限付木のライセンスをアクティブ/パッシブの仮想マシンにそれぞれ付与することが可能です

Windows Serverの主要機能である以下はAzure上で使用できません
インターネット記憶域ネーム サーバー
マルチパス I/O
ネットワーク負荷分散
Peer Name Resolution Protocol
RRAS
Direct Access
SNMP サービス
SAN 用ストレージ マネージャー
Windows インターネット ネーム サービス
無線 LAN サービス

ご参考情報:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2721672/

可能です
弊社にて移行対象のオンプレミス側のマシン台数、スペック(CPU、MEM、ディスク構成/容量)、OSバージョン等移行に関わる事項を別途ヒアリングさせて頂き、お見積りいたします。

お客様のご要件に合わせて以下サービスをご選択、ご利用頂けます
・閉域網による接続:Express Route
・VPNによる接続:IPSec VPN

可能です。
Azure上では、仮想マシンインスタンスに対してアタッチするディスクサービスをHDDもしくはSSDからご選択頂けます

いいえ、必要ありません
Azure上のWindows Serverは、分毎の課金にCALの利用料も含まれております

Windows Server 2008 / SQL Server 2008 のAzure移行資料

Microsoft社のテクノロジースペシャリストと日商エンジニアが作成した、Azureの紹介や移行のポイントをまとめた資料になります。

ダウンロードはこちらから

Windows Server 2008/R2、 SQL Server 2008/R2Azure移行に関する お問い合わせ

ライセンスの仕組みや、構成など・・・どんな内容のご相談も受け付けております。
現在抱えている課題、お悩みをお気軽にご相談ください。
Azure担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム