VDI(デスクトップ仮想化)とDaaSの違いとは

VDIとDaaS。両者はいずれも仮想化されたデスクトップ環境をクライアント端末から利用するという点(クライアント端末のシンクライアント化)では同じですのでその違いがはっきりとは分かりづらいものです。

今回はVDIとDaaSの違いにスポットを当てると共に、それぞれの特長について解説します。

DaaSとは?

DaaS(ダース)とは”Desktop as a Service”の略で、SaaS(Software as a Service、サース)などと同様にクラウドサービスの一種です。

SaaSは、クラウド上に実装した特定のソフトウエアをクライアント端末にインストールすることなく、ネットワークを通じて直接利用できるようにしたサービスですが、DaaSは、その名の通りクラウド上にあるデスクトップをネットワークを通じてクライアント端末から利用できるようにしたサービスです。

具体的には、通常のPC端末で作業を行う場合に必要なOSやソフトウエア、データなどのすべてがクラウド上に存在し、クライアント端末からはクラウド上にあるデスクトップ環境の画面共有とキーボードやマウスなどからの入力操作を行うだけです。

上記のSaaSなどのクラウドサービスと同様に、配置されているクラウドの環境により、プライベートクラウドDaaS(特定企業専用のクラウド上にデスクトップを配置)、バーチャルプライベートクラウドDaaS(サービス提供者の仮想環境上に配置)、パブリッククラウドDaaS(共有環境のクラウド上に配置)の3種類の形態があります。

VDIとDaaSの違い

それではそのVDI(デスクトップ仮想化)とDaaSとでは何が違うのでしょうか。

VDIは、サーバー上に展開された仮想デスクトップ環境をクライアント端末から呼び出して利用する仕組みのことです。クライアント端末からネットワークを通じてデスクトップ環境を呼び出して利用するという点では、両者は同じですので、少し違いが分かりづらいかもしれません。

両者の違いはクライアント端末から呼び出すデスクトップ環境がどこに存在していて、誰がその環境を提供しているかです。デスクトップ環境がクラウド上に展開されていて外部のサービス事業者が提供している場合がDaaS、自社内のサーバーにデスクトップ環境が展開されていて自社内で運用されているのがVDIです。

少し言い方を変えると、VDIとクラウドコンピューティングの技術を使ってデスクトップ環境を提供するサービスがDaaSということになります。

両者ともVDIの技術を利用していますので、通常のPCなどのクライアント端末環境に比べてセキュリティ面や運用効率の面で優れているという特長を持ちます。

VDIとDaaSのそれぞれの特長

次に両者の特長を比較してみましょう。

上記のようにデスクトップ環境の提供方法には根本的な差はありませんが、それをサービス事業者が提供するのか(DaaS)、自社で運用するのか(VDI)によってそれぞれ特長が異なります。

DaaSの場合は、自社でデスクトップ環境を展開するサーバーなどを用意する必要がありませんので初期投資が不要です。インフラ自体の管理もサービス提供者が行うので運用負荷も掛かりません。また、ユーザーの増減などに関しても簡単に対応できスケーラビリティに優れています。

VDIの場合は、自社の環境内で自社が直接運用するために信頼性や継続性に優れます。また、管理するインフラや個別のデスクトップ環境などの細かなカスタマイズにも柔軟に対応でき、管理方法も自社独自の方法を採用することができます。

このようにそれぞれ特長を持つVDIとDaaSですが、信頼性やカスタマイズ性を重視するのならVDI、運用効率や拡張性を重視するのならDaaS、というのが一般的な選択基準となるでしょう。

経営者を納得させるVDI稟議書の書き方

日商エレクトロニクスの情報システム部門経験者が作成したデスクトップ仮想化導入の稟議書資料です。
ROIの測り方について、参考にしていただける情報を記載しています。

ダウンロード