クラウドPC「Windows 365」登場。
クラウドから社内に安全にアクセスできるようになります

7月14日(現地時間)、マイクロソフトは、パートナーカンファレンスMicrosoft Inspireで企業向けの新サービス「Windows 365」を8月2日からサービス開始することを発表しました。現時点で価格など詳細はまだ不確定ですが、今回のMicrosoft Inspire2021でAzure Virtual Desktopの推進に貢献した企業として表彰された日商エレクトロニクスが、最新情報を随時お届けしたいと思います。

(リリース前の情報ですので変更や、ご情報があるかもしれませんがその点ご容赦ください)

参照リンク
Windows 365
Windows 365、クラウドPC |それが何であるか、それがどのように機能するか、そしてそれをどのように設定するか(YouTube動画)
Get started with Windows 365

Windows 365とは?

Windows 365はマイクロソフトがサブスクリプション型でクラウドから提供する世界初の新しいWindowsの提供方法です。クラウドPCと呼ばれます。
クラウドPCはマイクロソフトのクラウド「Microsoft Azure」上に配置されたWindows10/11をストリーミング(リモートデスクトップ)で提供します。個人の設定や、アプリケーション、データを保持することができ、これまでと同じようにWindows環境を利用することができます。ストリーミング(リモートデスクトップ)なのでネットワークさえあればどんな端末(iOS、Andorid、Windows、Chromebookなどに対応)でも、どこからでもWndows10/11を安全に使うことができます。
CPU、メモリはクラウド環境のものを利用しますので、手元の端末のパフォーマンスもさほど影響はありません。

マイクロソフトが運用するサービスで管理や設計が非常に簡単になっていますので、これまでの仮想デスクトップ(VDI)環境のように高い構築費用や、運用にかかる手間を削減できます。

リモートワーク環境に最適

これまでリモートワーク環境というとテレビ会議システムを導入するという話が多くありました。しかし、実際にはテレビ会議だけで業務は行えず、社内のデータやシステムにアクセスする必要があり、効率の良いリモートワーク環境が行えていないのが多くの企業の実態です。
一部の企業は社内データやシステムにセキュアにアクセスし、自宅でも会社と同じ仕事ができるリモートワーク環境として、バーチャルデスクトップ(VDI)を導入してきました。しかしこれには、導入コストや維持費・運用スキルが必要で多くの企業ですぐに導入できる状態ではありません。
マイクロソフトはその解決策の一つとして昨年Azure Virtual Desktop (Windows Virtual Desktop)をリリースしています。従来のVDI環境よりも遥かに導入障壁は下がるソリューションですが、それでも設計や運用にはそれなりのコストが掛かります。
今回リリースされたクラウドPC「Windows 365」は、ある程度決まった構成を取ることで簡単にセキュアなVDI環境を利用することができます。
また、クラウドで課題となる利用料についても固定化したことで、クラウドだといくら掛かるかわからないと言った不安を解消することができます。

Widnows 365のメリットは?

ユーザの増減に合わせて、クラウドPCを即提供

一般的にPCの利用を始めるには、調達と準備に時間やコストが掛かりすぎます。Windows 365ではユーザライセンスを購入し、Azureの管理画面から数クリックの操作ですぐにPCを用意できます。

物理端末は個人利用のものを使え、どこでもセキュアに利用可能

Windows 365では利用するデータやWindowsはクラウドに配置され、画面転送で接続することで利用します。接続するユーザーの端末にはデータが残らず、個人の端末のセキュリティリスクはクラウド上のPCに影響を与えません。
またユーザの端末として、iOSをはじめあらゆるデバイスに対応しています。実際に稼働するのはクラウド上のPCなので、高機能なものも求められません。

セキュリティ、情報漏えい対策済み

Windows 365で利用するWindows環境はクラウド上にあり、あくまで画面転送をユーザの端末に行うだけです。データはクラウドに保管され、データ漏洩の可能性が低くなります。また、ゼロトラストに沿ったセキュリティ対策がWindowsには施されており、自社で独自の設計を行わなくても高いセキュリティが設定できます。

ビデオ会議、Officeソフトウェアも搭載

テレビ会議機能のMicrosoft Teamsが提供されます。Micorosoft Officeも標準インストールされます。Windows 365だけで、業務やコミュニケーションをする環境を利用できます。
またTeamsは独自機能により映像転送などがチューニングされており、ストレスのない会議が可能になります。

管理者が気になるところ

社内と接続できる?

VPNを使って社内とAzureを簡単に接続することが可能です。
これによってAzureで稼働するWindows 365から社内のファイルサーバやシステムにアクセスし、セキュアに利用することが可能となります。
殆どの企業が利用しているルータとVPNは接続できると思われます。

マシンのスペックを変更できる?

管理者がマシンスペックを変更できるようになるようです。
購入するライセンスによって選べるスペックが変わります。

アプリケーションを追加インストールできる?

管理者によるアプリケーションのインストールが可能になるようです。
自社専用のWindowsイメージを作成し、展開ができる見込みです。アプリケーション管理にはWindows Endpoint Mangerを使用し、ポリシーなどの一元管理が可能です。

Windows 365の管理方法は?

Microsoft Endpoint Managerを使用して、クラウドPCと物理PCの管理が可能です。アプリケーションや物理マシン、ポリシーの管理をすることもできます。

専用クライアントアプリはある?

Windows、iOS、MacOS、IpadOS向けの専用アプリケーションが用意されています。
クライアントアプリが対応してないものはChromeなどのブラウザを利用することで、Windows 365を利用することができます。

2要素認証など認証のセキュリティ強化は?

Azure ADやIntuneと連携してスマートフォンを使用した2要素認証などが導入でき、ID、パスワードだけの運用よりも高いセキュリティ対策が可能です。
接続元のIPアドレスの制限、接続する端末の制限などのセキュリティ対策を取ることもできます。

利用に必要なライセンスは?

Windows 365を利用するために、次のライセンスが必要となります。

  • Windows Proを保有するユーザー:Windows 10 Enterprise E3 + EMS E3 もしくは Microsoft 365 F3/E3/E5/BP
  • Windows Proを保有しないユーザー:Windows VDA E3 + EMS E3 or Microsoft 365 F3/E3/F5/BP
  • Azureサブスクリプション契約

費用は?

ユーザライセンス月額固定で利用可能です。現時点では価格は発表されていません。
購入するユーザーライセンスによって、クラウドPCのパフォーマンスが異なります。
クラウドでありがちな使った分だけ課金ではないため、何時間Windows 365を使おうとも利用料金を固定となります。Azure Virtual Desktopとの大きな違いですね。稼働時間の管理が必要なくなるのは嬉しいところです。
GPU搭載のマシンも将来提供されるようです。

VM / OS disk size Example scenarios Recommended apps
1vCPU / 2GB / 64GB Frontline workers, Call centers, Education/training/CRM access. Office light (web-based), Microsoft Edge, OneDrive, lightweight line-of-business app (e.g. call center application – web-apps), Defender support.
2vCPU / 4GB / 256GB
2vCPU / 4GB / 128GB
2vCPU / 4GB / 64GB
Mergers and acquisition, Short-term and seasonal, Customer Services, Bring-Your-Own-PC, Work from home Microsoft 365 Apps, Microsoft Teams (audio-only), Outlook, Excel, PowerPoint, OneDrive, Adobe Reader, Edge, Line-of-business app(s) , Defender support.
2vCPU / 8GB / 256GB
2vCPU / 8GB / 128GB
Bring-Your-Own-PC, Work from home, Market Researchers, Government, consultants Microsoft 365 Apps, Microsoft Teams, Outlook, Excel, Access, PowerPoint, OneDrive, Adobe Reader, Edge, Line-of-business app(s) , Defender support.
4vCPU / 16GB / 512GB
4vCPU / 16GB / 256GB
4vCPU / 16GB / 128GB
Finance, Government, consultants, Healthcare services, Bring-Your-Own-PC, Work from home Microsoft 365 Apps, Microsoft Teams, Outlook, Excel, Access, PowerPoint, PowerBi, Dynamics 365, OneDrive, Adobe Reader, Edge, Line-of-business app(s), Defender support.
8vCPU / 32GB / 512GB
8vCPU / 32GB / 256GB
8vCPU / 32GB / 128GB
Software developers, engineers, Content Creators, Design and Engineering workstations Microsoft 365 Apps, Microsoft Teams, Outlook, Access, OneDrive, Adobe Reader, Edge, PowerBi, Visual Studio Code, Line-of-business app(s), Defender support.

Hybrid Azure ADが必須

Azure ADとActive DirectoryのHybrid Azure ADが必要になります。
現時点で詳細は不明ですが、専用の環境を用意するなど検討が必要になりそうですね。

Windows 365について新しい情報が分かり次第、記事を更新していきます。
是非続報をお待ちください。

Windows 365の上位バーションである「Azure Virtual Desktop (AVD、旧 WVD)」についてはこちらをご覧ください。
Azure Virtual Desktop >

AVDとの違いが気になる方へ

本記事をお読みいただいている方の中には、AVDをご検討中の方もいらっしゃるかと思います。導入コストの差や、メリット・デメリットの違いが気になるのではないでしょうか。

そこで、Windows 365リリース後にいち早く最新情報をお伝えできればと思い、両製品の概要と比較を行うセミナーを企画いたしました。

・AVDとWindows365の概要や活用シーン
・気になるライセンス情報
・導入費用
・両製品の違い
などを45分間で解説していく予定です。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお申し込みくださいませ。

本セミナーのポイント
■ 45分で AVD と Windows 365 の概要を理解することができる
■ それぞれの製品の活用シーンがわかる
■ AVD導入に成功している企業の事例を知れる
■ 自社の要件について、チャットで気軽に相談/質問ができる

\ 最新情報!”クラウドPC”もご紹介 /


AVD Windows 365 Azure Virtual Desktop (旧 WVD) と
Windows 365 を
基礎から学べるセミナー

当日はチャットで気軽に質問できる場も用意しておりますので、
AVDやWindows365について疑問点がある、自社要件で相談したい、という方もぜひお申し込みください!