オンプレからはじめてのAzure移行でも安心!移行までの5ステップ


導入における環境調査から、運用まではじめてのクラウドでも安心してご利用いただけます。

「Azureに移行に興味はあるけど、何をどうすればいいの?」とお困りではないですか?

はじめてクラウド導入を検討する場合、
まず何から準備を始めたらいいのか?そもそも自社の環境に導入できるの?など、
不安なことがたくさん浮かんできますよね。

実は、失敗しないAzure移行には、事前のしっかりとした準備が必要です


<移行の5ステップ>

① 情報収集

初めてクラウドを検討する際、多くのお客様がまずはクラウド特有の新しい言葉や新しい概念を理解するところから始めなければいけません。

また、運用や請求など、独特の常識やルールを知らなくてはなりません。これまでオンプレに慣れ親しんできた方にとって、クラウドは抵抗を感じることがあるかもしれません。


② アセスメント

対象の仮想マシンのAzure移行の前に、そもそも廃棄でいいのでは?PaaSで作るのがベストではないか?このシステムのライフサイクルは?など、まずはシステムの棚卸を行う必要があります。

​さらに社内システムとの連携ができるかどうかまで調べ、そのうえで自社に最も適した選択が迫られます。システムの目的とライフサイクルの棚卸など事前のアセスメントが重要です。​


③ ネットワークの接続

Azureへの接続方法には、閉域網接続、インターネットVPN、閉域SIMなど複数の接続方式がございます。回線や接続用ルータへの初期設定など、お客様環境からクラウドへのネットワーク接続には一般に初期コストと手間がかかります。

適切な方法で、正しくAzureの閉域網ExpressRoute経由で安全に接続することで、Azureを安全に利用することができます。


④ 移行作業

移行はリスクや制約が多いので注意が必要​です。要件に合ったサービスを選択しないと、その後の拡張の足かせになったり、運用負荷が上がってしまうことがあります。

たとえば、サイジングであれば、CPU/メモリだけで構成やサイズを判断せず、CPU/メモリ要件に加え必要となるIO性能要件の考慮が必須です。オンプレのように単純に移行を検討してはいけません。


⑤ 運用

クラウドであってもパフォーマンスの低下や、死活監視はオンプレと同じように管理が必要です。

またリソース監視や障害対応、問い合わせ対応も必要となるため、クラウドに移行後の運用体制も整えておく必要があります。


オンプレからAzureへの移行方法をもっと詳しく知りたい。

はじめてクラウド移行を検討している方にオススメの資料を無償でご提供

・移行の留意点その他ポイント
・お客様から聞いた!Azure導入後の課題 トップ3
・対策ーMicrosoft Azureを正しく使う方法 など

資料をみる

当社にご相談いただければ事前調査から運用のサポートまで、はじめてでも安心なAzure移行は可能です

方法は簡単、当社のAzureエンジニアに相談するだけ

当社のAzureエンジニアにご相談いただければMirosoftの専用ツールを使い、お客様の古いシステムや複雑なシステムを調査し、調査内容をもとにヒアリングを行い、安全に移行する方法のご提案と移行を支援いたます。移行後の運用や監視についても当社がサポートいたしますので安心です。


リモート支援、リモート作業で低コストを実現

移行作業や、打ち合わせはWebMTGを利用することで、お客様の貴重な時間を無駄にしません。問い合わせなどもチャットなどを活用しすぐに当社のエンジニアとのコンタクトが取れる仕組みとなっています。お伺いしないことでコストを削減したご提案を実施することができます。ご希望のお客様には訪問を前提としたサービスを実施することも可能です。

さらに詳しく

オンプレからAzureへ 移行方法の資料

移行の留意点や、お客様から聞いたAzure導入後の課題など、初めてクラウド検討する方にオススメ!

資料をみる

Azure 構築 / 運用支援 サービス内容

当社ではお客様環境調査から、構築、運用支援までトータル支援いたしますのでご安心ください。

詳しくみる

Microsoft Azure 関連 つくってみたブログ

仮想マシンを構築してみたり、触ってみたり・・・エンジニア視点で皆さまにAzureをご紹介!

ブログを読む