本番と同じ環境で検証​

検証機器の無償貸し出し、ネットワーク検証場所のご提供、経験豊富なエンジニアによる技術サポートをお届けします。お客さまには手間なく、気軽に検証作業をしていただけます。
机上の考察では限界がある要件を実際に確認することで、安心して本番導入を迎えられます。

事前検証サービスの4つのメリット

何も用意いただく必要はありません

Azureライセンスや検証に必要な機器は、すべて日商エレでご用意し検証環境の調達に手間をかけることなく、本来の検証作業に集中いただけます。

本番環境を再現

本番と同じ環境を再現し、独自の検証テンプレートで抜け漏れのない検証を行います。予期せぬ出来事を防ぎ、安心して本番を迎えることができます。

充実の設備を無償で

日商エレの技術検証センターにおけるファシリティはすべて無償でお貸出し可能です。オンプレミスの機器もマルチベンダーでご用意していますので、あらゆる構成に対応可能です。

経験豊富なSEが支援

詳細な問い合わせや検証項目の洗い出しのご支援から、お客様固有の要件に合わせたQA対応まで、幅広く手厚い技術支援を行います。Microsoft社常駐の知識豊富なメンバ―が対応するので安心です。

4つのメニュー

仮想マシン移行検証

移行計画策定から、ネットワーク(VPN/ExpressRoute)含めた移行の検証を行います。万が一不測の事態が生じた場合は、原因究明からトラブルシュートまで、オンプレとクラウド両方の経験が長いエンジニアが貼り付いて技術支援を行うので安心です。移行にかかる時間や、移行後も問題なく稼働するか、事前にご確認いただけます。

ネットワーク接続検証

日商エレ検証センターからつながる専用線(ExpressRoute)を利用し、日商エレ機器や設備を用いて接続試験が可能です。クラウド利用時に懸念事項となるネットワークの通信速度や、レイテンシー(応答時間)を事前に確認できます。通信キャリアでの実績ある日商エレのナレッジでExpressRouteのつなぎ込み作業まで滞りなくご支援します。

仮想デスクトップ導入検証

VDI検討中のお客様向けに、実際に自社の環境で求められるパフォーマンスに耐えうるのかなどの導入可否の検証を行います。すでにAzureをご利用されている方、これからAzureをご利用いただく方両方にご活用いただけます。

ハイブリッドクラウド導入検証

お客様は日商エレにて用意した環境にインターネット経由で接続するだけで実機に触れられます。もちろん、お客様データセンターに機器を設置し、本番を見据えた検証も可能です。Lenovo Azure Stack含む豊富な機器やだけでなくExpressRouteで接続する環境も備えているため、専用線まで含め検証していただけます。

~ご利用イメージ~仮想デスクトップ導入検証サービス

(例)Azure を使ったCitrix Cloud on VDI新規導入可否検証

【検証項目】

  • アクセス端末:本番運用で利用する端末の接続性確認
  • 表示レスポンス:入出力のレスポンス確認
  • 必要なNW帯域:平常時、ピーク時のNW帯域確認
  • アプリケーション動作:業務アプリの利用確認
  • リソース計測:過不足ない本番環境構築に向けた端末の性能確認
  • 方式検証:管理性、用途を見据えた仮想化方式の検討
    …など

上記に加え、既存のインフラ環境とVDI環境との連携や、Windows、Linuxなど各種OSを使ったサービスのAzure環境への移行、OMSによる運用の検証などもご相談に応じて対応いたします。どこまでの検討を実施するか、検証のゴールと合わせて確認させていたただきます。

【スケジュール】
要件やゴールのヒアリング、設計構築、VDI利用、クロージングのお打ち合わせまで約2.5か月程度で行います。※ご相談に応じて調整可能です。