CSP契約とは

CSP(Cloud Solution Provider)はマイクロソフトのパートナー経由で、
Azureを購入するプログラムです。
各パートナーはマイクロソフトの審査を経てCSPに認定されています。
CSP契約ではパートナーがお客様をサポートし、お客様はパートナーに対して費用を支払います。

EA契約などお客様自身がマイクロソフトと契約する契約形態との共存もできますし、
特定のサブスクリプションはA社とCSP契約し、別のサブスクリプションはB社とCSP契約するというように、CSP契約を分けることも可能です。

CSP契約の切り替え

CSP契約を切り替えたい場合、以下の手順にて移管することが可能です。
並行稼働ではなく移管ですので、料金が同時にかかることはありません。

移管の流れ

  1. お客様より、移管元のCSP宛に他のCSPへ移管したい旨を伝える
  2. 移管元のCSPより送付される必要書類にサインする
  3. 移管元のCSPが、移管元CSP、お客様、移管先CSPの3社のサイン済み書類をMicrosoftに提出する
  4. 移管先のCSPが必要な処理を行う
  5. 移管が完了

注意事項

  • 移管元のCSPと移管後のCSPの支払い条件によっては、
    支払いタイミングが重複する可能性があります。
  • 必要書類はCSPがMicrosoftより取得し、お客様にご提出します。
  • 書類への捺印は不要です。

関連の質問

Azureの解約、ユーザーライセンスの解約をCSP経由で行いたい際はこちらをご覧ください。
【質問】CSP経由のAzure解約方法を教えてください