セミナー動画

\マイクロソフト登壇!Azure向き不向きがわかる/

Azureではじめるデータ活用

~セキュリティを担保したデータ基盤を作る方法~

※講演資料はこちらからダウンロードいただけます

2021年12月16日開催

アジェンダ

データ活用の課題とポイント(10分29秒)

日商エレクトロニクス株式会社
エンタープライズ事業本部 マイクロソフト事業部 部長
近藤 智基

機密データの共有・活用の制約をゼロに!秘密計算でクラウド分析(18分10秒)

データ活用を積極的に進める上で課題となるのが、データセキュリティです。 秘密計算技術を活用することで、分析時のデータアクセスの幅や分析環境の利便性を従来通り保ちつつ、個人を特定しないようにプライバシー保護、機密情報のセキュリティ強化を行うことができます。 あらゆるデータの活用をクイックに低コストで実現する、分析プロセスの変革を実現した事例と併せてご紹介します。

EAGLYS株式会社
代表取締役社長 / CEO
今林広樹

今、すべての企業に求められるクラウドデータ利活用 内製化戦略(18分10秒)

データビジネスの課題は難しい。データ基盤や分析ツールと呼ばれるものはあふれていてどれから始めるべきなのか。組織内で各々のルールとガバナンスで運用されるデータ基盤。そもそもデータ活用人材はどう育成すべきなのか。マイクロフトが本気で目指すのは統合されたシンプルで無駄のないクラウドデータ基盤を提供するだけでなく、全ての企業が「自分の手」でデータからビジネス価値を生み出す仕組み作りそのものです。マイクロフトが目指すData&AIのビジョンとともに、企業のデータ活用を促進する支援策をご紹介します。

日本マイクロソフト株式会社
Azureビジネス本部 プロダクトマーケティングマネージャー
樋口拓人