Azure Synapse Analyticsとは?
主な機能と価格形態を解説!

Azure Synapse Analyticsとは

Azure Synapse Analyticsは、一言で言えば、データ統合、エンタープライズDWH、およびビッグデータ分析が統合された無制限の分析サービスです。構造化データで構成されるDWH(データウェアハウス)と主に非構造化データであるビッグデータが分散している環境でデータ分析を実施するためには、準備等に大きな工数が必要になることが課題です。Azure Synapse Analyticsを利用すれば、DWHとビッグデータを同一データハブにスムーズにまとめることができ、データ可視化ツールのPower BIや機械学習・AIのAzure MLなどを活用した分析が容易に行えるようになります。

・すでにデータ分析を実施しているが、データ量が増えてきて運用に困っている
・分析のためのデータ収集や、クレンジングを外注しているが内製化したい
・クラウド(Azure)でデータ活用を効率的に実施したい

このようなお悩みをお持ちの方は、Azure Synapse Analyticsを検討してみてください。
本ブログではAzure Synapse Analyticsの概要から主な機能、導入事例、価格形態について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. Azure Synapse Analyticsとは

Azure Synapse Analyticsは、Microsoft Azureから提供されるDWH(データウェアハウス)やビッグデータシステム全体にわたって分析をスムーズに実行するための分析サービスです。

エンタープライズのDWHで使用されるSQLテクノロジー、ビッグデータ処理のためのSpark テクノロジー、ログおよび時系列分析を簡易化するData Explorer、データ統合のためのPipelines、Power BI、CosmosDB、AzureMLなどの他のAzureサービスと緊密に連携し、それらの長所を最大限に発揮できるようになっています。

 

Azure Synapse Analytics概要

一般的にDWHとビッグデータが分散している環境を1つに統合することは、各システムで動作が異なるため難しいものです。Azure Synapse Analyticsは両者をシームレスに統合できるため、全データからの分析情報を取得することができます。データ容量はペタバイト単位であり、リレーショナルと非リレーショナルの両方の大規模データに対してクエリを発行することができます。

2. Azure Synapse Analyticsでできること

Azure Synapse Analyticsサービスが提供する主な機能は以下の通りです。

    • 統合された単一の環境からデータ統合・データ探索・DWH・ビッグデータ分析・機械学習の各タスクを実行
    • ミッションクリティカルなエンターブライズDWHの作成
    • 95を超えるネイティブコネクタを利用し、コードレスでETL/ELTプロセス作成
    • 時系列データ、ログ、テレメトリデータ(パフォーマンス改善や品質向上を目的として収集する利用状況データ)の分析
    • AI(Azure Machine Learning、Azure Cognitive Service)とBI(Power BI)の緊密な統合によるエンドツーエンドの分析
    • データレイク/DWHのサーバーレスおよび専用オプションの提供によるコストパフォーマンスの最大化
    • DWHと同様のクエリによるデータレイク探索
    • DWHとApache Spark双方でのT-SQLクエリの実行
    • サーバーレス/専用オプションに関わらずT-SQL、KQL、Python、Scala、Spark SQL、.Netなどの多数の言語が使用可能
    • クラウドネイティブなHTAP(Hybrid Transaction/Analytical Processing)によるリアルタイムトランザクションデータからの分析情報の取得

Azure Synapse Analyticsは、一言で言えば、データ統合、エンタープライズDWH、およびビッグデータ分析が統合された無制限の分析サービスです。他のAzure分析サービスと比較すると、たとえばAzure Databricksは、Azure向けに最適化されたApache Sparkベースの分析プラットフォームを提供するものです。またAzure Data Factoryはコーディングやメンテナンスが不要なETL/ELTプラットフォーム、すなわちデータの移行や変換を自動化するデータ統合サービスです。
Azure Synapse Analyticsは、上記のAzure DataFactoryなどのデータサービスの機能を統合された状態でお客様に提供されます。

3. Azure Synapse Analyticsを利用した分析のフロー

Azure Synapse Analyticsを利用した分析の流れは以下の通りです。

  1. Azure Synapse Analytics 分析フローまずAzure Synapse Analytics Pipelines を使用して、構造化データおよび非構造化データを結合し、Azure Blob Storageに格納します。
  2. 次にこのデータをAzure Synapse Analytics Sparkプールで分析し、データのクレンジングと加工を行います。
  3. 加工済みのデータをAzure Synapse Analyticsで既存の構造化データと結合することで、すべてのデータを1つのハブに統合します。
  4. 専用のSQLプール上に運用レポートと分析ダッシュボードを作成して、統合されたデータハブから分析情報を引き出し、Azure Analysis ServicesでPower BI等を利用しているエンドユーザーにサービスを提供します。

このようにAzure Synapse Analyticsがあれば、データの収集から加工、可視化ためのデータ連携および可視化までの一連の流れをスムーズに実行することができるのです。

4. Azure Synapse Analytics活用例

Azure Synapse Analyticsはデータ規模が膨大で、構造化データと非構造化データが混在している環境で大きな威力を発揮します。そのため大手企業での採用が多くなっています。

工作機械からのデータをAzure Synapse Analyticsに集約

Azure Synapse Analytics活用事例 スマート工場

工作機械の稼働状況についてのデータを収集しリアルタイムに可視化することで停止時間を短縮でき、設備や人員を増やすことなく生産量を増やせます。最終的には、設備や人員を減らしながら、生産性をあげることも可能です。

しかし、工作機械から送信されるデータは大量にあるため、オンプレミスでは拡張性の観点で問題があります。そこで、データ基盤としてAzure、Azure Synapse Analyticsを活用することでリアルタイムに可視化することを実現できます。

工作機械から取得したデータは、AzureのVM上で稼働するIoTアプリケーションが収集して、いったんAzure Fire Storageに格納します。収集対象の工作機械のマスターデータは、Azure SQL Databaseで管理され、工作機械からの収集データはマスターデータとともにAzure Synapse Analyticsに集約されます。このデータをPower BIで可視化します。

5. Azure Synapse Analyticsの価格形態

Azure Synapse Analyticsの利用料金に関しては、2021年12月現在、以下の5つのプランがあり、採用するプランによって料金が変わってきます。

①データ統合
データを取り込んで必要な形式に変換するプランです。データ取り込みはデータ分析の前に実施することが大半ですので、ほとんどの方がこのプランの費用を支払う必要があります。

②データウェアハウス
SQLプールを利用して、データのクエリと分析を行う際のプランです。数百テラバイト程度までのデータに対して、一般的な分析を実施する方に向いています。サーバーレスと専用の2種類から選択できます。専用の場合、1年予約で最大37%、3年予約で最大65%のディスカウントが適用されます。

③ビッグデータ分析
サーバーレスSparkプールを作成し、ビッグデータ分析を実施するプランです。主に効率的な機械学習を実行したい方に向いています。

④ログおよびテレメトリ分析
対話型クエリを使用して、時系列、ログ、テレメトリのデータから分析情報を導き出すプランです。

⑤専用SQLプール(旧SQL DW)
データベースを専有し、SQL分析を実施するプランです。1年予約で最大37%、3年予約で最大65%のディスカウントが適用されます。

これらの他に、事前購入によるディスカウントプランも用意されています。具体的な料金については、以下のページで、リージョン・通貨・単位(時間/月)を選択することでシミュレーションできます。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/synapse-analytics/

また日商エレクトロニクスでは、Azure Synapse Analyticsの初期導入を支援するサービスを2種類提供しております。どちらも最大で全額マイクロソフトからの支援される場合があります。

Azure Synapse Analyticsの
概要資料をダウンロードする

6.まとめ

Azure Synapse Analyticsは、一言で言えば、データ統合、エンタープライズDWH、およびビッグデータ分析が統合された無制限の分析サービスです。データ容量はペタバイト単位であり、リレーショナルと非リレーショナルの両方の大規模データに対してクエリを発行することができます。Azure Synapse Analyticsがあれば、データの収集から加工、可視化ためのデータ連携および可視化までの一連の流れをスムーズに実行することができるのです。

データ統合、データウェアハウス、ビッグデータ分析、ログおよびテレメトリ分析、専用SQLプール(旧SQL DW)の5つのプランがあり、採用するプランによって利用料金が変わってきます。

日商エレクトロニクスでは、最大で全額マイクロソフトが支援してくれる導入サービスを提供しています。Azure Synapse Analyticsに興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

 

\Azure Synapseの概要資料/

アーキテクチャやパフォーマンス、価格など、
Azure Synapseの全体像を知りたい方にお勧めです。

Azure Synapse概要資料ダウンロードAzure Synapse概要資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

Azure導入支援デスク 編集部
Azure導入支援デスク 編集部
こんにちは!日商エレクトロニクスでは、Microsoft Azure活用に関する有益な情報を皆様にお届けしていきます。Azure移行、データ活用、セキュリティなどに関するお困りごとや、Microsoft Azureに関する疑問点などお気軽にご相談ください。

ブログにしてほしいネタなどのリクエストもお待ちしております。