「Power BI」とは?4つの特徴メリット、気になる費用を解説!

POwer BIこの数年でDX(デジタルトランスフォーメーション)やデータドリブン経営などのキーワードが急激に浸透し、多くの企業がデータ活用に関心を持つようになりました。しかし十分にデータを活用できている企業はまだ少ないと言えます。総務省の2020年の調査では、データの閲覧ができている企業および集計ができている企業はどちらも全体の4分の3を占めています。しかし統計的な分析ができている企業は47.1%と半分を切り、AIを活用した予測ができている企業に至ってはわずか11.9%しかありませんでした(「令和2年度 情報通信白書」より)。

データ活用ができていない理由としては、データ活用人材の不足を挙げる企業が多いようです。また、

「データがどこにあるのかわからない」
「データはあるがアクセスできない」
「データが利用できる形式になっていない」

などといった、データ整備に関する課題が多いのも事実です。

そうすると社内外の様々なデータを統合でき、それらに簡単にしかもセキュアにアクセスできて、データの加工や集計を誰にでも行えるツールがあれば、データ活用に関する課題の大半は解決することになります。

本ブログでは、まさにそのようなツールである「Power BI」について、その概要と活用メリットをわかりやすく解説します。

1.Power BIとは?

Power BIは、マイクロソフトが提供するBIツールです。BIとは、Business Intelligenceの略で、日々のビジネス活動から得られるデータを収集・保存・加工・分析するプロセスや方法を総称するものです。BIによってビジネスの現状を迅速に可視化することができ、より優れた意思決定が可能になります。

Power BIの機能を一言でまとめると、「企業内に蓄積される膨大なデータから必要な情報を抽出し、それらを数字の羅列ではなくグラフなどの見やすい形に変換してダッシュボード上に表示する」となります。

 

Power BI

↑Power BIダッシュボードのイメージ

 

このような機能を持つソフトウェアを自社開発するのであれば、データの収集、加工、分析、分析結果の表示といった一連の処理をプログラミングすることになります。そのためにはITエンジニアはもちろんデータサイエンティストなどのデータ活用人材のマンパワーが必要です。しかしPower BIを利用すれば、これらのデータ処理がノンプログラミングで実現できるだけでなく、AIの活用も一般の業務ユーザーの手で可能になるのです。
Power BI 製品情報はこちら >

2.Power BIの特長・メリットは4つ

① オンプレミス/クラウドを問わずあらゆるデータと連携でき、データを探す手間がなくなる

 

Power BI

Microsoft 製品であるExcelやWordなどのOffice365サービスのデータはもちろんのこと、
SaaS、クラウド/オンプレミスのデータウェアハウスなど、さまざまなデータを使えます。それぞれのデータを連携、加工し、グラフィカルに表示させることで、社内に散在しているデータを簡単に一括管理することができます。これによりデータを探す時間や集計作業の大幅な削減を実現できます。

 

② 最新のMicrosoft AIを活用して、専門知識がなくてもデータの準備や機械学習モデルの構築可能
あらゆる形式のデータから迅速にインサイトを発見できる

Power BI

最新の Microsoft AI を活用することで、専門知識がなくてもデータの準備や機械学習モデルの構築を行い、構造化データと非構造化データの両方 (テキストや画像など) からすばやくインサイトを発見できるようになります。​また、Azure Data Lake を使用してインサイトの取得に要する時間も短縮できるのでビッグデータ活用も迅速化できます。​

 

③ Windows、iOS、Androidをサポート
様々なデバイスを使ってどんな場所からでも情報共有ができる

 

Power BI

 

Windows、iOS、Android のネイティブ モバイル BI アプリを使用すると、あらゆるデバイスでライブ Power BI ダッシュボードやレポートにセキュアにアクセスして表示できます。​データの共有が簡単にできるので複数人で同じデータを取り扱うことはもちろんレポートの作成もできます。​

④ Azure ADやMicrosoft Cloud App Securityポータルと連携
高度なセキュリティを実現、セキュリティリスクを未然に発見し、防ぐことも可能

 

Power BI

二重暗号化によるエンドツーエンドのデータ保護状況を把握して、共有されます。Power BI にサインインするユーザーはAzure Active Directory (AAD) を使用して認証され、認証が必要なリソースにユーザーがアクセスしようとするたびに、Power BI ログイン資格情報が使用されます。​また、Power BI と Microsoft Cloud App Security ポータルの監視機能でリスクが高い行動パターンを特定、分析することでセキュリティのリスクを未然に防ぐことが可能です。​

●操作制限、閲覧権限など制御​
● データ利用権限はAzureADと連動​
●ログ情報を収集しモニタリング、セキュリティ分析​

まさに、冒頭で述べた「社内外の様々なデータを統合でき、それらに簡単にしかもセキュアにアクセスできて、データの加工や集計を誰にでも行えるツール」なのです。

3.Power BIの活用例

以下にPower BIの活用例をいくつか挙げます。

● 売上のリアルタイムな可視化

全国に支店・営業所を持つ大手販売業では、本社営業部門、各支店および各営業所の売上データを月1回Excelデータとして収集、集計していました。売上データをExcelデータ化する手間が掛かるため収集のタイミングは月1回となり、問題が発生しても経営側の対応は後手に回らざるを得ませんでした。

Power BIを導入し、業務システムからのデータ取り込みと集計が自動化されたことで、リアルタイムに売上情報を見られるようになりました。それもオフィスからだけでなく、出張中でもスマートフォンで閲覧できるようになったのです。

● 地図情報との連携で新たな気づき

ある市役所では、市民からのクレームが発生してから対応するのではなく、先回りすることで市民の満足度を向上せよという市長の意向を受けて、Power BIを導入しました。

Power BIを使えば、データ分析の結果を地図情報と連携させて表示することが市役所の一般職員でも簡単に実行できます。たとえばバリアフリーになっていない市営施設がどの地域に多いかなどが一目でわかるようになり、職員からの改善提案件数が大幅に増加しました。

● ローコード開発で進捗情報を共有

ある大手建設会社はDX推進に取り組んでいます。同社ではPower BIにローコード開発ツール(プログラミングができなくても、ビジュアルな操作と簡単なスクリプト記述でソフトウェアを開発できるツール)を組み合わせて、ITエンジニアの力を借りることなく様々なシステムを開発しています。

一例を挙げると、現場の施工管理者が独力で工事進捗管理システムを開発しました。これにより、いつでもどこでも進捗状況を確認できるようになり、週1回紙の進捗報告書で行われていた進捗会議が不要になりました。

● 問い合わせ業務の自動化

ある製造業のコールセンターでは問い合わせ業務の集約化と自動化を図るためにPower BIを導入しました。Power BIを選定した理由は、コールセンターだけでなく研究・開発部門や営業部門などにも存在する問い合わせデータや技術データを簡単に集約できることでした。

それだけではなくMicrosoft AIとの連携がプログラミングなしで簡単にできることも大きな理由でした。Microsoft AIと連携することでチャットボットによる問い合わせ内容の自動切り分けが可能になったのです。

● Azureとの連携

Power BIがMicrosoft のクラウドAzureと連携しやすいことでPower BIを選定する企業も多く見られます。Azure上の高性能なストレージやデータレイク、DWHあるいはSQL Server等を利用するなど、データ基盤が容易に構築できることに大きなメリットを見出しているのです。

4.Power BIの構成要素

Power BIは大きく3つに分けられます。1つはPower BI Desktop、2つめはPower BI サービス、もう1つはPower BI モバイルアプリです。

● Power BI Desktop

Power BI Desktopとは、各種データソースを収集、加工、分析するとともにレポートの設計・開発を行うためのWindowsデスクトップアプリケーションです。クライアントPCにインストールし、データソースと接続することができます。またデータモデルの定義やレポートの開発もできます。作成されたレポートは、Power BIサービスに発行することができます。

● Power BIサービス

SaaSとして提供されるデータ分析サービスです。Power BI Desktopで作成されたレポートを閲覧および分析することができます。

● Power BIモバイルアプリ

Windows、Android、iOS の3つのOSにそれぞれネイティブ対応しているモバイルアプリです。ノートPCやタブレット、スマートフォンなどを使って、いつでもどこでもPower BIサービスにアクセスして、レポートを閲覧・分析することができます。

5.Power BI利用に必要なライセンスと費用

Power BIには、Power BI ProとPower BI Premiumの2つのライセンスがあります。それぞれProはユーザー単位のみ、Premiumはユーザー単位と容量単位の2つの種類があります。なおPower BI ProはMicrosoft 365 E5に含まれています。

Power BIライセンス費用(※最新情報は、マイクロソフトのWebサイトをご確認ください)

Power BI Pro Power BI Premium
ユーザー単位 ユーザー単位 容量単位
1,090円/月 2,170円/月 543,030円/月
  • モデル サイズの制限 1GB​
  • 更新レート8/日​
  • 最大ストレージ10 GB/ユーザー​
  • データのセキュリティと暗号
  • モデル サイズの制限 100GB​
  • 更新レート48/日​
  • 最大ストレージ100TB​
  • 高度な AI​
  • データのセキュリティと暗号
  • モデル サイズの制限 400GB​
  • 更新レート48/日​
  • 最大ストレージ100TB​
  • ユーザー単位のライセンスなしでのコンテンツの使用​
  • 高度な AI ​
  • データのセキュリティと暗号化​
  • マルチ地域の展開管理

また、企業にある複数のデータ元(SaaSやオンプレミス)からデータをMicrosoft のクラウドAzureに統合し、​それらのデータを加工、Power BIにて可視化するまでの仕組みを自動化することも可能です。

 

Power BI

 

構築費用は参考で300万ほどですが、2021年12月31日までにお申し込みいただいた場合はマイクロソフトからの支援金がでるので実質無償で構築することができます。

 

\無償になるキャンペーン情報はこちら/

Power BIPower BI データ活用サービス

6.Power BI Pro試用版を自分のPCで試す方法(無償)

Power BIに興味を持ち、導入の検討を考えるのであれば、Power BI Pro試用版で試してみることもできます。上記でご紹介している構成はあらゆるデータをPower BIに連携する場合ですが、まずはPC上にあるデータを使って触ってみてはいかがでしょうか。

以下にPower BI Proの試用版を利用するための手順を説明します。

①メールアドレスの準備

会社で使用しているメールアドレスを用意します。”@”以降が”outlook.com”や”gmail.com”など、メールサービスや通信プロバイダが提供するメールアドレスを使用することはできません。

②セルフサービス サインアップにアクセスする

Power BIのセルフサービス サインアップ(https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/landing/signin/)にアクセスし、「無料で試す」をクリックします。

Power BI

③情報入力
以下、画面の指示に従って、アカウント情報を入力し、詳細項目の確認をします。
Power BI

入力を完了するとPower BIのセットアップが始まり、ブラウザ上でPower BIを利用開始できるようになります。
Power BI
Power BI

 

まとめ

多くの企業がデータ活用の重要性に気づいていますが、本格的なデータ活用を実現できていない企業が大半です。その理由として、データ活用人材の不足とデータ活用基盤の未整備を挙げる企業が多いのですが、Power BIはこの両方を解決できる可能性を持つツールです。データを収集・加工・分析するだけではなく、システム開発プラットフォームとして活用する事例やAIを組み合わせて業務の自動化を実現している事例もあります。無料試用も可能ですので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

\Power BIを活用したデータ分析を始めたい人向け/

Power BIPower BI データ活用サービス
↑2021年12月31日までの申し込みで支援金が出ます!

この記事を書いた人

NE + Azure 編集部
こんにちは!日商エレクトロニクスでは、Microsoft Azureに関する有益な情報を皆様にお届けしていきます。クラウド移行に関するお困りごとや、Microsoft Azureに関する疑問点などお気軽にご相談ください。

ブログにしてほしいネタなどのリクエストもお待ちしております。