ビジネスの仕組みと働き方を劇的に変える最新のAzureソリューション 【セミナーレポート】

2018年2月16日、東京・品川の日本Microsoft本社にて「最新のAzureソリューション」のプライベートセミナーを開催しました。今回のセミナーでは、Microsoftエバンジェリスト高添氏とテクノロジースペシャリスト前島氏、エグゼクティブアドバイザー小柳津氏の順にAzureソリューションのメリットや同社の働き方改革について解説していただきました。最後に日商エレ近藤とアジュールパワー代表取締役橋口氏からAzure上にIoT基盤を構築する「Power IoT Platform」を紹介しました。


AzureのLinuxマシンにリモートデスクトップで接続してみた

今回はAzureのLinux(Ubuntu)マシンにリモートデスクトップ接続を行ってみたいと思います。Microsoftのクラウドサービスだから、利用者の殆どはWindowsかと思いきや2017年時点、Azure上で動作する仮想マシンの40%をLinuxが占めているそうです。今後、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みが本格化する中で、LinuxやOSS(Open-source software)の活用も加速していくでしょう。


Azureオブジェクトストレージを使ってみた

今回はAzureのオブジェクトストレージであるBLOB(ブロブ)ストレージを使ってみたいと思います。昨今、オブジェクトストレージの技術は、Webサービスの写真、動画、テキストの保管場所として多く利用されています。身近に利用しているサービスとして、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSやNetflixなどの動画配信サービスが有名ですね。アプリケーションからの利用を意識したストレージと言えます。


Azure Step by Step シリーズ(3) XenApp Essentialsの設計手法

XenApp Essentialsの設計手法についての記事です。XenApp Essentialsという名前の露出は結構ありますが、どのように設計すれば良いのかはなかなか情報が出てない様子ですね。設計に苦労している皆様のお力になればと思い、まとめてみました。


Azure AutomationでVMを自動起動・停止させてみた

今回はAzure Automationで仮想マシンの自動起動、自動停止をスケジューリングしてみたいと思います。Runbookギャラリーと呼ばれるMicrosoftやコミュニティで開発されたRunbookが提供されていますので、今回はこちらをAzure Automationにインポートし活用してみたいと思います。


Azureで実現するDR、マイグレーションサービス

ハイブリットクラウド化を推進しているMicrosoft社の「Azure(アジュール)」について、日商エレならではの視点を加えつつご紹介させて頂きます!


Azure Step by Step シリーズ (2) Citrix Cloud on Azureで電源稼働時間を制御する

Citrix Cloud on Azure環境で、Smart Toolを用いた電源管理を紹介します。Azureは稼働時間で課金となりますので、電源稼働時間を制御することによりコストを最適化することができます。


AzureでWindows仮想マシンを作成してみた

今回は、Azure環境でWindows仮想マシンの作成方法をご紹介します。Azure仮想マシンの特長とAzure上における仮想マシンの構成要素を踏まえて仮想マシンの作成方法についてご説明していきます。


Azureアカウント登録方法

初めてのAzure利用される方向けにAzureアカウントの登録方法についてご紹介します。Azure無料アカウントを登録すると、最初の30日間、20,500円分でほとんどのAzureサービスの利用が可能です。電話番号とクレジットカードが必要ですので、お手元にご用意ください。Azureを試してみましょう。


日商エレがお届けする Azureのススメ

ハイブリットクラウド化を推進しているMicrosoft社の「Azure(アジュール)」について、日商エレならではの視点を加えつつご紹介させて頂きます!