Office365を端末にインストールする際に、Office.comのサイトからOffice365アプリのインストールをすることができますが、

そのまま実行してしまうと、すべてのアプリケーションが一気にインストールされてしまいます。

例えば、OneDriveやSkypeは入れず、Word,Excel,PowerPointのみ使わせたい、など…

今回はOffice 展開ツールを使い、Office365の任意のアプリケーションをインストールする手順をご紹介します。



1.Azure上のVMでのOffice利用

オンプレでは、MAK認証やKMSサーバーを使った認証でボリュームライセンスのOfficeを利用できていましたが、
パブリッククラウド上のVMではOfficeのボリュームライセンスが利用できず、Office365の利用が必須となりました。

オンプレのVDIやRDSH上でOfficeを利用していらっしゃるお客様も多くおりましたので、オンプレVDIからDaaSへ移行したいが、Officeも使いたいという場合は本記事をご参考いただければと思います。

ちなみに、今回はRDSHサーバーにOffice365のアプリケーションを導入してみようと思います。
RDSHサーバーにOffice365のアプリケーションをインストールする場合、Office.comでダウンロードしたアプリケーションをインストールするだけではOffice365の利用ができず、「共有コンピューターのライセンス認証」の設定を行う必要があります。

共有コンピューターのライセンス認証」を行うために、Office展開ツールを使用してOfficeのアプリをインストールする必要があります。次ではOffice展開ツールを用いたOfficeアプリの展開方法についてご説明します。


2.Office展開ツールの導入

早速、導入の準備を行っていきます。
まずは以下のサイトにアクセスし、Office展開ツールをダウンロードします(英語版のみ)。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

ダウンロードしたOffice展開ツールを実行します。まずはライセンス規約、

続いて展開先の指定、とりあえずここは「デスクトップ」を指定します。

そうすると、4つのファイルが展開されました。

上の3つは構成用のXMLファイルで、Setup.exeが実行ファイルとなります。
今回はWindows Server 2016にOffice365をインストールしたいため、「Configuration-Office365-x64.xml」を編集します。


メモ帳等でxmlファイルを開きます。
中身はこのようになっていました。これを編集していきます。

必要な部分は部分のみです。実際に設定した内容を記載します。

変更部分を解説します。

ChannelはOfficeの更新プログラムの更新間隔です。

Monthlyは毎月、Broadは半年毎になります。
RDSHサーバーはメンテナンス時のみにアップグレードできれば良いので、半年を設定しました。

お分かりの通り、言語設定となります。デフォルトはen-usとなっていますので、日本語環境をお使いの場合は変更しておきましょう。

インストールを除外するアプリケーションを指定できます。
IDは以下より指定可能です。

ID=”Access”
ID=”Excel”
ID=”Groove”
ID=”Lync”
ID=”OneDrive”
ID=”OneNote”
ID=”Outlook”
ID=”PowerPoint”
ID=”Publisher”
ID=”Word”

今回は、Excel,Word,Power Pointのみをインストールしてみようと思いますので、それ以外をすべてExcludeAppに記載しました。

Office のインストールはバックグラウンドで行われ、UIが表示されないようになるため、メンテナンス時にはおすすめの設定です。

RDSH等、共有で利用するVMに展開する場合は、SharedComputerLicensing を 1に設定します。

そして、更新したxmlファイルを保存し、編集したxmlファイルを使ってOfficeアプリをインストールします。

Setup.exeと対象のxmlファイルをインストール対象のマシンの任意のフォルダに保存し、管理者権限でコマンドプロンプトを実行し、cdで作業ディレクトトリを変更しておきます。

以下のコマンドを実行します。
setup.exe /configure configuration-Office365-x64.xml
※xmlファイルの部分は選択したxmlファイルによって変更してください。任意での名前の変更も可能です。

しばらくすれば自動でインストールが完了しました。
XMLファイルで定義した通り、入れたかったExcel、Power Point、Wordのみがインストールできました!

インストールしたマシンからPower Pointを起動してみます。
サインインをクリックします。

あとはOffice365が割り当てられているアカウントで認証をすれば利用可能です。


RDSHで利用するために、「共有コンピュータライセンス」の設定を入れましたので、確認してみます。
今回はPower Pointで確認します。

左上の「ファイル」をクリックします。

「アカウント」 – 「PowerPointのバージョン情報」を選択します。



ここで、「共有コンピューターのライセンス認証」と表示されていれば、サーバーOSで共有利用することが可能になります。


3. まとめ

ご紹介した手順でAzure上のWindows Server2016に共有コンピューターのライセンス認証で任意のOffice365アプリをインストールすることができました。

今回はAzure上のWindows Serverを対象に設定を行いましたが、Windows10やオンプレミスのマシンへOffice365をインストールする際にも同様にOffice展開ツールが利用できますのでご参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人

NE + Azure 編集部
NE + Azure 編集部
日商エレクトロニクス特設サイト「日商エレ+Azure」サイトマスターです。