windows365 Intune アプリケーション配信
本ブログをご覧の皆様。こんにちは。日商エレクトロニクス Azure担当の髙橋(勇)です。

前回はWindows365試してみた①エンタープライズ版 構築編として、Windows365のエンタープライズ版環境を構成しました。

前回記事Windows365 試してみた①~エンタープライズ版 構築編~

今回は、②アプリ配信編としてIntuneからWindows365 CloudPCへのアプリ配信について投稿します。

 

1.アプリ配信イメージ

今回は、例としてIntuneよりWindows365 CloudCPに対しBOX Driveを配信する方法について解説します。

2.アプリ配信方法

1.以下サイトからBOX Driveをダウンロードします。

各デバイス用Boxアプリのダウンロード | Box

2.Microsoft Endpoint Manager admin centerにサインインします。

https://endpoint.microsoft.com/

3.左メニューより[アプリ]を選択し、プラットフォーム別の項目から[Windows]をクリックします。

4.[追加]をクリックします。

5.アプリの種類より、基幹業務アプリを選択します。

6.[選択]をクリックします。

7.アプリパッケージファイルの選択をクリックします。

8.📁マークをクリックします。

9.アップロードするファイルを選択し、開くをクリックします。

10.OKをクリックします。

11.必要項目を入力し、次へをクリックします。

12.今回はBOX Driveを指定したグループに必須で配布させる為、必須の項目のグループの追加をクリックします。

13.グループよりアプリケーションを配信させたいグループを指定し、選択をクリックします。

14.次へをクリックします。

15.内容を確認し、入力内容に誤りが無ければ作成をクリックします。

16.アプリケーションの作成、BOXのファイルアップロード完了までお待ちください。(5~1o分)

17.アプリの登録が完了したことを確認します。

18.Windows365cloudPCに接続し、以下の様にアプリケーションがインストールされていることが確認できれば、本手順は完了です。

あとがき

従来はマスタイメージにアプリケーションをインストール→展開といった形が一般的でしたが、アプリケーションを追加する毎にマスタイメージの更新が必要で運用上の手間がかかることがありました。しかしIntuneからアプリケーションを展開することで、グループ単位で一括したアプリケーションの配布を行うことができますので、運用負荷を軽減することが可能です。
是非Intuneを活用し運用に役立てて頂けますと幸いです。

また、弊社ではWindows 365のエンタープライズ版をお試ししてみたい方向けに検証環境構築サービスを提供しております。
環境構築+1カ月サポートで50万円にてご支援させていただきます。

・ビジネスとエンタープライズ、どちらがマッチしているかわからない…
・それともAzure Virtual Desktop など、他の製品の方がいいの?
・想定している働き方が実現できるの?

といったご不安がある方、お電話やメールベースでのご相談からも受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください!

\詳細・お問い合わせはこちらまで/
Windows365Windows 365検証環境構築サービス

 

次回はアプリケーション配信(exeアプリケーション編)を投稿します。お楽しみに!

この記事を書いた人

髙橋勇
髙橋勇
Azure担当として、Azure Virtual Desktopを中心に案件を担当しています。

最近はWindows365、Intune、DefenderEndpointの製品についても興味を持って取り組んでいます。

趣味はオンラインゲームと最近ボードゲーム始めました☺
宜しくお願い致します。