こんにちは!
最近は、お客様からのご相談で仮想デスクトップ(VDI)をクラウドに移行するケースが増えています。でも、DaaSも含めて様々なサービスが世のなかに提供されているので、ご検討されている方はどの製品が自社に合っているのか迷ってしまいますよね。

また、Office365のE3以上のライセンスを買っている、もしくは今後導入しようと検討しているお客様は、簡単に、安く利用できそうということで2019年末にリリース予定のMicrosoft Windows Virtual Desktop (WVD)も気になるかもしれません。

様々な製品を比較検討しているお客様が多いので、弊社ではMicrosoft Azure上で利用できるVMware Horizon Clooudに加え、話題のMicrosoft Windows Virtual Desktop (WVD)の特徴を(Citrix Cloudも一部)ご紹介するセミナーを実施しています。

そこで今回は、クラウドを活用した仮想デスクトップ(VDI)をご検討の方に、今回は、そのセミナーでの内容をご紹介したいと思います。

※なお、Windows Virtual Desktop (WVD)は、現在も開発が続いているため、本情報が変更されている可能性もございますのでご注意ください。


1. Microsoft発のVDI!Windows Virtual Desktop (WVD)の特徴

今までもVMware社やCitrix社などもそれぞれ、Microsoft Azure上で展開できる仮想デスクトップの製品を展開していました。
Windows Virtual Desktop (WVD)は、デスクトップ仮想化に必要なコンポーネントのほとんどをMicrosoft Azure側で自動的に用意され、サービスとして提供されます。
そのため、複雑な仮想デスクトップ(VDI)の運用をする必要がなくなるとされ、人手不足で悩んでいるIT担当者の方たちの注目を浴びています。

1.1 WVDの最大の特徴は、Windows10 マルチセッション

Windows Virtual Desktop (WVD)の最大の特徴はWindows10のマルチセッション接続ができる点です。Windows10マルチセッションは、他の製品では提供しておらず、Windows Virtual Desktop (WVD)でのみ唯一提供せれている機能です。従来、本当はWindows7などを仮想化して使いたいけれどもコストがかかるという理由で、Windows Serverのリモートデスクトップサービス(RDS)を利用していた方も多いのではないでしょうか?
これを、仮想デスクトップ(VDI)にしてもWindows Serverのように複数人で使えるようにした機能がWindows10 マルチセッションです。

 

 

今までは、1人1台の仮想PCを使うイメージの仮想デスクトップ方式(VDI)とアプリやデータをサーバーに集約してリソースを全員で共有するイメージのターミナルサービス方式(SBC)の2択でしたが、Windows 10 マルチセッションの機能によって、仮想デスクトップ方式(VDI)とターミナルサービス方式(SBC)の良いとこどりができるようになります。

 

 

ライセンスとしては、マルチセッション機能を備えたWindows10 EnterpriseというOSがAzure上で展開されています。

ちなみにWindows Virtual Desktop(WVD)は、手元のPCのスタート画面に完全に統合されており、ユーザーは簡単にWindows 10 マルチセッションができるようになっています。
接続後にはWindows Serverでは使えないEdgeのようなストアアプリが使えたり、例えば、WordやExcelなどのOffice365アプリを使っても、個人のデータがキャッシュされるようになります。
なので、ユーザーから見ると普通の個人PCを使っているのと同じ感覚で利用できるのが嬉しいポイントとなっています。

 

1.2 利用費用の考え方

Windows Virtual Desktop(WVD)の仮想デスクトップを運用するにあたって管理プレーン部分に関しては、費用が生じません。通常のIaaSとしてAzureを利用する際と同じで、仮想マシンを立てたり、ネットワークなどのAzure利用に関する費用が生じます。

[Azure利用費用について]
・実際に稼働するAzureサービス(仮想マシン、ストレージ、ネットワーク)に対する利用した分の費用に対する支払いが必要
・Azure上で提供されている豊富な仮想マシンやストレージの種類から、任意のものを選択可能
・Azure予約インスタンス(RI*)の割引オプションも適用可能

*仮想マシンの稼働費用を、前払いによって 割引価格で提供する仕組み
• 1年間または3年間から選択可能
• 従量課金プランに比べて最大 72% 割引
• 指定した VM シリーズ内で自動割当/最適化
• 購入後のキャンセルや交換も可能

[WVD に必要なライセンス]
Windows 10* multi-session, Windows 10*, Windows 7 のいずれかを稼働する場合
– Microsoft 365 F1, E3, E5, A3, A5, Business
– Windows 10 Enterprise E3, E5
– Windows 10 Education A3, A5

Windows Server* 2012 R2, 2016, 2019 を 稼働する場合
– ソフトウェア アシュアランス付きの RDS クライアント アクセス ライセンス (CAL)

* FSLogix 関連機能 (Office container, profile containers, app masking 等 ) を利用する場合 , Windows E3+, Microsoft 365 E3+, または SA 付 RDS CAL ライセンスが必要

*ライセンス情報は暫定であり、一般提供開始までに変更される可能性がありますのでご注意ください。

Windows 10 、Windows 10 マルチセッションや、Windows7を使いたい方の場合、Windows 10 Enterprise E3が必要となる一番小さいライセンスになります。

ちなみに、Windows 7 は2020年1月でサポート終了となりますが、
Windows Virtual Desktop(WVD)上で展開する場合、無償で3年間のセキュリティアップデートが提供されます。ただ、こちらはあくまでもバージョンアップが間に合わない場合の応急処置として捉えていただければと思います。

もしWindows Virtual Desktop(WVD)にご興味があれば、概要資料もありますので下記からどうぞ。

2. Azure と組んだDaaS!VMware Horizon Cloud on Azure

仮想デスクトップ(VDI)をすでに使っている、検討している方ならVMware Horizon Viewのことをご存知の方も多いでしょう。実は、今までオンプレミスで構築する必要のあったこの製品ですがAzure上でも対応できるようになっていることはご存知でしょうか?すでにAzureを利用している方や、従量課金制の仮想デスクトップ(VDI)を導入したい方からの問い合わせを多くいただいているのがこのVMware Horizon Cloudです。

従来のHorizon View(オンプレ環境)の場合だと、機器をそろえるところから始めると3か月~6か月使い始めるまでに期間が必要な場合がありましたが、VMware Horizon Cloudの場合、
Azure上にVMware社のコントロールプレーンを用意すると、30分~40分で仮想デスクトップ(VDI)を展開できるようになります。
また、インフラ、管理プレーンの運用に関してはAzure、VMwareのクラウドにそれぞれお任せできるので、従来のVDIと比較しても大幅に運用負荷を軽減させることができます。

2.1 最適なライセンス選択ができる

Horizon Cloud on Azureを利用する場合、VMware社のライセンスとAzureの利用した分に生じる費用に対する支払いが必要となります。

[Azure利用費用について]
・実際に稼働するAzureサービス(仮想マシン、ストレージ、ネットワーク)に対する利用した分の費用に対する支払いが必要
・Azure上で提供されている豊富な仮想マシンやストレージの種類から、任意のものを選択可能
・Azure予約インスタンス(RI)の割引オプションも適用可能

ライセンスに関しては、ユーザーの利用シーンに合わせてライセンスを柔軟に選択できるのが嬉しいVMwareの特徴となっております。
例えば、下記の左の図のように150人のユーザーがいて、仮想デスクトップもそれぞれに割り当てるために150台必要な場合は指定ライセンスで良いのですが、150人のユーザーがいるが全員で同時に仮想デスクトップを利用することはない場合もあるかと思います。

その場合、右の図のように50人まで同時接続できるようなライセンス形態も選択することができます。例えば、コールセンターなどの交代制を導入しているところや、在宅勤務、テレワークする場合にのみ利用するなどの場合選択されることが多いです。

2.2 Citrix Cloud on Azureとの比較

仮想デスクトップ(VDI)といえば忘れてはいけないのが、Citrixですよね。
実は、VMware社よりも早い段階でCitrixもAzure上でVDIを展開できる「Citrix Cloud」という製品をリリースしています。Citrix Cloudは、インフラをAzureと組み合わせた全てクラウドで構成するだけでなく、仮想基盤はオンプレで、仮想デスクトップ(VDI)の管理コンポーネントのみCitrixが提供するクラウドで運用できるハイブリッド構成もとれるのが特徴です。

実際に、仮想デスクトップを検討している方からどちらがいいのか聞かれることがありますので
比較表を一部ですがご紹介します。

 

項目 VMware Horizon Cloud Citrix Cloud
アプライアンス管理(Windows Server) なし(自動管理) あり(手動管理)
マシンスペック 制限あり 柔軟に選択可
接続先(FQDN) 自由 制限あり
ユーザー認証場所 お客様のAzure環境 Citrix Cloud(米国)
ユーザーインターフェース クラウド用に一新 オンプレミス(従来)のUIを踏襲
日本語対応 対応済み 一部対応
ライセンス最小購買単位 50ライセンス 25ライセンス
ライセンス形態 ユーザー指定/同時接続 ユーザー指定

 

アプライアンスの管理に関して、VMware Horizon Cloudは自動で実施されるのに対して、Citrix Cloudは手動でインストールなどを実施する必要があります。そのため、Windows のアップデートなどが発生するケースがあります。

VMware Horizon Cloudの場合、Azure上で選択できるマシンスペックが限られており、
柔軟なスペックを選択できるようになるまではもう少し時間がかかりそうです。

まt、ユーザー認証の場所に関しては、VMware Horizon Cloudの場合、ユーザーが仮想デスクトップ(VDI)を利用する際に必要な接続先はAzureのみです。Citrix Cloud の場合は構成によっては認証の際に、Citrix Cloud の環境に接続する必要がある場合があります。仮にユーザーが、接続できないなどの問題が生じた場合に複数の環境を調査するのは、大変かもしれません。

ライセンス形態に関しては、前述しましたがVMware Horizon Cloudは、指定ライセンスと同時接続ライセンスを選択できますが、Citrix Cloudは指定ライセンスのみとなっています。
最小購入数はVMware Horizon Cloudが50ユーザーから、Citrix Cloudが25ユーザーから購入可能です。
ちなみに、上記でご紹介したWindows Virtual Deskutop(WVD)は1ユーザーから利用できる予定です。

3. 結局どのVDIがいいのか

セミナーでご紹介したWindows Virtual Desktop(WVD)とVMware Horizon On Azureという観点でいうと、
1ユーザー~50ユーザーくらいなど比較的に少ない規模、また低コストで導入したいお客様はWindows Virtual Desktop(WVD)でも良いかもしれませんが、50ユーザー以上の大規模で利用したい、また管理機能などの運用面における設定など柔軟に対応したい場合は、VMware Horizon Cloudの方は二要素認証があったり管理機能優れています。

また、Windows Virtual Desktop(WVD)は、パブリックプレビュー版の時点ではPowershellを使ってのでデプロイが必要など、ちょっと難易度が高いです。
国内リリース後の展開に期待ですね。

また、クラウド型のVDIを検討する場合にオンプレミス型のVDIより安く導入できるかと言ったら一概にYESではありません。
運用管理面での工数削減による人件費や、ライセンスの削減などでコストを削減できますがユーザーのVDI利用頻度や、どのくらいまでIT管理者側で制限をかけたいかによって向き不向きも変わってきます。まずはVDIの利用イメージを固めていただき、VDIソリューションについて幅広く知っているベンダーさんにご相談してみると良いかと思います。

今回、本ブログでご紹介した内容は、Microsoft社/VMware社も登壇するセミナーにて詳細をご紹介します。
また、VDIに関してご相談いただける時間もございますので気になる方は、下記のイベント詳細ページよりご確認ください。