今回の投稿では、今年Microsoftからリリースされた新サービス「Azure VMware Solutions」についてご紹介いたします。

  • Azure VMware Solutionsって聞いたことあるけど何ができる?
  • 使うことでどんなメリットがある?

といった疑問を持たれている方や、

  • クラウドはこれから。でも既存のVMware vSphere環境のクラウド化を今後進めていきたい

という方は、是非参考にして頂けますと幸いです。

1 Azure VMware Solutions(AVS)とは

Azure VMware Solutionsの概要についてですが、お客様からよく聞かれる質問に回答する形式でご紹介していきます。

Azure VMware Solutionsってどんなサービス?

Azure VMware Solutionsは、Microsoftが提供するクラウド「Microsoft Azure」で提供されるサービスのひとつで、Microsoft Azureのデータセンターで提供されるフルマネージドなVMware vSphere環境を数クリックで使えるサービスです。すごい時代になりましたね!
AWSでも同様のサービス 「AVC on AWS」が提供されているので、ご利用中の方はこれのAzure版、というのがイメージしやすいかもしれません。
ただ、AWSとは異なり、Azure VMware Solutionsは、Microsoft 1st Partyのサービスで提供されます。(AWSの場合は、全てAWSが管理/運用するのではないようです)
つまり、VMware vSphere環境の運用、維持、サポートはMicrosoftが行います。
お客様はVMwareのライセンスを別途購入/持ち込む必要もなく、Azure VMware Solutionsの利用料だけをお支払い頂ければOKです。
VMwareの問い合わせをMicrosoftに行う。。。すごい時代ですね!

Azure VMware Solutionsを使うとどんなメリットがある?

「なぜAVSをわざわざ使う必要がある?」という疑問を持たれる方は多くいらっしゃると思います。
実際、Azure VMware Solutionsをご紹介した際には必ず聞かれます。

結論から言うと、仮想マシンやDBを使うだけであれば、Microsoft Azure上のサービス(IaaSで提供される仮想マシン、PaaSで提供されるDatabaseなど)を普通に利用することが、コスト、柔軟性、迅速性、拡張性など様々な面でメリットが大きいです。
じゃあ、Azure VMware Solutionsを使うメリットは?についてですが、最も大きいポイント3つをご紹介します。

ポイント1:オンプレで稼働しているサーバーのIPアドレスを変更せずにクラウドへ移行できる

Azure VMware Solutionsでは、オンプレミスのDCとAzureをL2延伸ネットワークで接続し、vMotionによるライブマイグレーションが実施できます。
「そのままのIPで」、オンプレからMicrosoft Azureに、「止めずに移動」ができるのです!
すごいですね!

これまでは、クラウド化をご検討頂いた際に、止められないシステムや、IPアドレスの変更が厳しいシステムはオンプレに残さざる終えない、、、ということが多々ありました。
アプリケーションの構成上、仮想マシンのIPアドレスをベースに通信を行うような仕様になっている場合、IP変更に伴って、アプリの仕様変更、設計、実装、試験などなどが発生してしまい、これがまた費用も時間もかかってしまうから、、というのが理由です。
しかし、これからはAzure VMware Solutionsを活用することでどんどんクラウドへの移行が可能です。

ポイント2:仮想マシンの塩漬け

お客様の様々な事情で、Microsoft Azureではサポートされない、更に言うとメーカーサポートも切れているOSを既存VMware vSphere環境で使用されているケースがございます。
現状、VMware vSphere上で稼働しているのであれば、Azure VMware Solutionsで稼働しないわけはない!ということで、塩漬けのために一部のオンプレミスリソースを残す必要はありません。
Azure VMware Solutionsを利用して、クラウド上で仮想マシンを塩漬けにする、というアプローチが可能です。

ポイント3:VMware vSphereのプライベートクラウドが使える

当然ですが、システム観点からは、これまで長らく使ってきた既存VMware vSphereを継続活用したい、というお考えのお客様が非常に多いです。
ただ、そういったお客様でも、HWのサポート、リプレース、ハイパーバイザーのアップグレードなどの対応負荷軽減、サービス開発速度の短縮、グローバルスケールへの対応など様々な課題を持たれています。クラウドサービスはこういった課題が解決できるソリューションを多く持ちますが、お客様が提供するサービスによってはパブリックなクラウドサービスの活用がNGで結局オンプレミスにとどまる、、、ということも。しかし、Azure VMware Solutionsはお客様専用ノードで構成されたプライベートなVMwarevSphere環境が構成できるため、閉じた環境でパブリッククラウドのメリットが享受できる、究極のハイブリットクラウドサービスです。

代表的なAzure VMware Solutionsを利用するメリットをご紹介しました。
繰り返しになりますが、Azure VMware Solutions自体を使うことはゴールにすべきではありません。
通常のMicrosoft Azure上のサービスの方が、より多くのメリットを得られるケースが多いです。
それでも、一部オンプレミスに残すよりも、Azure VMware Solutionsを活用してクラウドに集約したほうがメリットが有る場合、一時的な移動先として活用し、将来的にはMicrosoft AzureのIaaSやPaaSを利用する、、、という構想を描くことが重要です。

なぜ、MicrosoftがVMwareのサービスを?

これは、私の推測になりますが、答えは簡単でユーザーのニーズがあるから。
Microsoft Azure自体に多くの利便性の高いサービスが揃っていますが、最近であればNetAppを始めとして、オンプレミスの分野で多くのお客様が慣れ親しんだサービスを、Microsoft 1st Partyソリューションとして提供する流れがあります。
(NetAppがMicrosoft Azureのデータセンター内で稼働し、数クリックで高品質なファイルサービスが利用できるAzure NetApp Files、など)

vSphere VMwareについても、多くのお客様が利用しているサービスであり、クラウドサービスとしても使いたいというニーズがあるからこそ、リリースされた、と考えています。
なお、「本当にMicrosoftがVMware社のサービスを運用、維持できるの?」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。こちらについては、流石にMicrosoft社だけでは難しいので餅は餅屋で、VMware社認定パートナーの「CloudSimple社」、「Virtustream社」といったパートナーと連携し、サービス開発、運用、保守が行われます。
※執筆時点ではCloudSimple社によるAzure VMware Solutionsのみがリリースされている

いつから、どこで使えるの?

Microsoft Azureのサービスは、Preview から始まり、General Availability(GA)で正式サポートが受けられる状態となります。(即ち本番環境で使えるのはGAされてから)
執筆時点では、既にUS西、US東リージョンではGA済み、今後ヨーロッパへの展開が予定されている、というコメントがMicrosoft社の製品紹介ページでも案内されています。
日本への展開についてはもう少し時間がかかりそうですが、ニーズが多ければ当然早まることが期待されますので、皆様の「使ってみたい!」というお声が重要です!

Azure VMware Solutions(AVS)のサービスページに、特徴や参考価格が載っているのでこちらもご参考にしてみてくださいね!

2 Azure VMware Solutionsの構成

Azure VMware Solutionsは、Microsoft Azureのデータセンター内でお客様専用の物理Node上で提供されます。ハイパーバイザーはもちろんVMware ESXi、ストレージはvSAN、ネットワークはNSXで構成されています。物理ノードのストレージ領域はSSDで構成されているので、AVS上の仮想マシンに対して高いIOPS、低いディスクレイテンシが提供される構成になっています。

オンプレミスとAzure間は、IPsec VPNもしくは専用線(Express Route)で接続することができ、接続するとオンプレミスのVMware vSphere環境とAVSでL2延伸ネットワークが実装できます。
この状態でvMotionによるライブ / コールドマイグレーションが実施できます。

このオンプレミス / Microsoft Azure間ネットワークは、AVSではなくAzure自身のサービスになりますが、AVS利用時にはオンプレミスに配置したサーバーとの疎通も発生し、ここで十分な通信速度が得られなければサービス品質の低下を招いてしまうため、このクラウド接続部分のネットワークは肝となります。

現時点では、2種類の物理ノードが選択可能です。
最小3ノードから、追加時は1ノードずつ追加が可能です。
(Microsoft Azure上のGUIから操作すること物理ノードの展開、追加、もしくは削除が可能)

Azure VMware Solutionsですが、Microsoft Azureではおなじみの「使った分だけ」ではなく、展開するとその時点で月額フル稼働分の費用が発生します。AVS上で稼働する仮想マシン数には依存しませんし、VMware vSphereに別途ライセンス費用を支払う必要もありません。
Microsoft AzureならではのWindows Serverライセンスの持ち込みによる減額特典や、Windows Server2008に対する無償パッチ提供、1年 or 3年予約利用による減額、などいくつかのプランがあるので使えるものは積極的に使うことでリーズナブルにAVSが利用可能です。


https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/azure-vmware-cloudsimple/

AVSのバックアップについて、現状では、Veemなどをはじめとする3rd Partyソリューションの利用が可能です。
今後、Microsoft AzureがネイティブでもっているAzure Backupに対応してくれば、バックアップサーバー用の余分なリソースやライセンス費用が抑えられるのですが、今の所具体的なロードマップは明かされておりません。

また、DRでは、VMwareのSite Recovery Manager(SRM)が利用可能です。
ただし、SRM利用時には別途SRM用のライセンスや管理サーバーが必要となります。

3 当社のAzure VMware Solutions 検証内容

現在、弊社ではUS西にAzure VMware Solutionsを展開。
当社の豊洲オフィスと専用線で接続しL2延伸ネットワークを構成しAVSの各種検証を実施しております。

実施中ならびに実施予定の検証は大まかに以下となります。

検証結果はブログやセミナーなどを通して皆様へお伝えしたいと思います。
有償環境で検証期間に限りがございますが、期間中であれば皆様から頂いたAzure VMware Solutionsの検証に関するリクエストなども受け付けておりますので、是非お気軽にご連絡ください。
もちろん、お客様環境でのAzure VMware SolutionsのPOCご支援のご相談についても受付中です!

4 まとめ

Microsoft社からリリースされた、VMware vSphereが使えるAzure VMware solutionsの概要についてご紹介させて頂きました。オンプレミスから延伸したハイブリットクラウドとしての活用、DRサイトとして、また、VMware vSphereにパブリッククラウドがもつ柔軟性、迅速性、拡張性をもたせる、といった様々な使い方が期待できるソリューションです。
特に日本市場では、プライベートクラウドとしてVMware vSphereをご利用のお客様が多くいらっしゃいますので、リプレースや拡張にマッチしそうですね。

遅かれ早かれクラウドの利用へ目を向けていく必要が出てきます。
こういったサービスを上手く活用し、ハイブリットにクラウドをご利用頂けるよう当社は皆様をご支援していきたいと考えておりますので、引き続き、Azure VMware Solutionsならびに、当社をよろしくおねがいします!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事を書いた人

河口信治
河口信治
オンプレミスエンジニアとして活動していたが、今やクラウドの世界に魅せられたプリセールス
自分が感じたクラウドの良さをお客様にお伝えしつつ、できれば当社の商材もご紹介できれば嬉しいなと思いながら、昼夜悶々と情報収集
現在、VDI on Azureのご紹介コンテンツや、PoC/本番環境導入サービスをMicrosoft様と協業し、ご提供しておりますので、VDI環境でお悩みのお客様は是非当社までご連絡ください。