arc for AVS

クラウドの利用が一般化する中で、自社のIT基盤をMicrosoft Azureをはじめとしたクラウド環境へ移行する企業が増えています。

この記事では、Microsoftが提供する「Microsoft Azure」のVMware vSphere サービスである、Azure VMware Solution(以下、AVS)をArc for AVSによりAzureポータルから簡単に管理する方法の概要や機能について詳細に解説します。



1.Arc for AVSとは

Azure Resource Managerを利用しAzure PortalからAVS vCenterのインベントリを管理し、さらにAVS vSphere上の仮想マシンにAzureの機能を提供するサービスです。2022/5/30現在、Arc for AVSはパブリックプレビューの機能になります。

Arc for AVSとは  機能
 

2.Azure VMware Solution(AVS)の管理

AVSは、Microsoftが提供する「Microsoft Azure」ので提供されるサービスの一つであり、Microsoft Azureのデータセンターで提供されるフルマネージドなVMware vSphere環境を数クリックで使えるサービスです。

そのAVSを管理するためには、AVSデプロイ時に自動展開されるvCenterやNSX-T Managerを使用することおよび、Azure Portalのデフォルトの機能を使用することになります。それに加え、Arc for AVSを使用することでAzure PortalからAVS vCenterのインベントリの確認および、仮想マシンのデプロイなどが可能になります。

Azure VMware Solution 概要資料
ダウンロードはこちら

 

3.各管理サービスの比較

AVS vCenter AVSがマネージドサービスであるため、全ての操作を実行することはできないが、cloudadminの権限で実行できる範囲内でAVS vSphereに対して従来のvCenterと同様の操作が可能である。
AVS NSX-T Manager NSX-Tのネットワーク仮想化を管理する機能を持つアプライアンスであり、AVS vSphereに対してNSX-Tの設定操作が可能である。
Azure Portal (Arc for AVS無し) Azure PortalからAVS vSphereに対して、セグメントの追加、ポートミラーリング、アフィニティルールなどの設定をすることが可能である。
Azure Portal (Arc for AVS有り) Azure PortalからAVS vSphereに対して、vCenterのインベントリ管理、仮想マシンの管理、仮想マシンへ拡張機能のインストール、仮想マシンのバックアップなどを行うことが可能である。

4.Arc for AVSのオンボーディング

Arc for AVSのオンボーディングをするためには、下記手順を行う必要があります。

1.Microsoft Azureのサブスクリプションでサービスプロバイダーを登録します。
 
Azure サブスクリプション プロバイダー登録

2.vCenterと疎通性のある端末でスクリプトを実行しArcリソースをデプロイします。

3.下記リソースをAzure Portalから確認できるようになります。
Azure Portal確認
 

上記の簡単なオンボーディングプロセスでArc for AVSの利用を開始することができます。

5.Arc for AVSでAVSの仮想マシンを管理

1.vCenterに登録されている仮想マシン、ネットワークやクラスタなどのインベントリを確認することができます。
 
vCenter インベントリ確認

2.Arcでインベントリを管理するために、Azure対応を有効化します
 
Arc インベントリ管理 Azure

3.仮想マシンの基本情報やデプロイに使用するテンプレートの設定および、CPU/メモリ/ディスク/ネットワークの設定を行い仮想マシンをAVSへデプロイします。
 
仮想マシン AVSデプロイ

4.下記のとおり仮想マシンがAVSにデプロイされArcによりAzure Portalで管理できる状態になっていることを確認できます。
 
Azure Portal管理画面

5.Azure PortalでAVS仮想マシンの設定変更を行うことができます。
 

6.まとめ

この記事では、Azure VMware Solutionの導入を検討されている方向けに、Arc for AVSの機能などについてご紹介しました。

Arc for AVSを導入することでAzure PortalからvCenterのインベントリを確認することができ、Azure PortalからAzure VMware Solutionの仮想マシンのデプロイや管理をすることが可能になります。また、Azure Portalから一元管理することに加え、Azureの拡張機能を使用することができるようになります。

今後もAzure Portalから管理できる要素が増えていく見込みなので、Azure VMware Solutionを導入する際に検討することをおすすめします。
 
Azure VMware Solution 概要資料
ダウンロードはこちら

 

Microsoftゴールドパートナーの日商エレクトロニクスには、
Azure専任エンジニア&資格保有者が多数在籍 

お問い合わせいただいた場合、原則3営業日以内にて電話もしくはメールにてご連絡いたします。

Azure ゴールドパートナー 日商エレクトロニクス

Azure 問い合わせAzure活用の相談
お問い合わせフォーム

 


この記事を読んだ方へのオススメコンテンツはこちら