スケールアウトを簡単に実現


Azureの大きなメリットの1つは、既存のデータセンターを容易に拡張できること。Azure IaaSでは、パーツを組み合わせることで、データセンターの拡張がシンプルに行うことができます。ここでは、データセンター拡張の概要や、Azure IaaSによるデータセンター拡張の流れについてもご紹介します。

必要なタイミングでデータセンターを拡張できる

Azureは、既存のデータセンターのリソースを必要に応じて必要な分だけを拡張することができます。追加のハードウェアを購入し余剰なリソースが生まれることはもうありません。また、今までのハードウェアでは納期に数カ月必要でしたが、その必要はありません。わずか数クリック、数分で仮想マシンを立ち上げる事が可能になり、ビジネススピード加速させます。データセンターとAzure間のネットワークは、 通常のVPN接続はもちろん、専用線など様々なネットワークが利用できます。

Azure IaaS でデータセンターをデザイン

Azure IaaSのパーツを組み合わせてクラウド環境を構築

Azure IaaSでは、「ブロックで家を作るように」データセンターをデザインすることができます。Azure IaaSのパーツを組み合わせることで、IaaS環境を構築する一連の流れの一例をご紹介します。

(実際には、導入企業の環境に合わせて対応することになります。)


  1. Azure データセンターのリージョンを選ぶ
  2. 仮想ネットワークの端に、VPN Gateway を作る
  3. 仮想ネットワークを作る
  4. 仮想ネットワークにお好きな仮想マシンを配置する
  5. Azureに対応したルーター (VPN デバイス) を用意する
  6. サイト間 VPN か ExpressRoute でオンプレミスと接続する

仮想マシンの作成も数クリックと簡単

①イメージの選択

Azure ポータルから用意されている
イメージを選択

② 基本設定の構成

仮想マシン名、管理者パスワード、
サブスクリプションなどの
基本的な設定

③仮想マシンのサイズの選択

スペックの概要と
価格の概算を確認し、最適なサイズを選択

④概要を確認し展開

選択したスペック等を確認し、展開

⑤オプションの構成

ストレージ アカウント、
仮想ネットワーク、
拡張機能、可用性セットなどを設定

データ拡張における"地上"とクラウドのつなぎ方

仮想ネットワーク (VNET)

仮想マシンを配置する、Azure 上のネットワークです。IP アドレスはユーザーが自由に設定できます。VNET 内にサブネットを複数配置できます。 VNET 内のサブネット間は自動的にルーティングされます。

VNET 間接続

VNET をルートベースの VPN Gateway を介して接続できます。2つの VNET は同一リージョンでも、異なるリージョンに存在しても、接続できます。

VNET ピアリング

同一リージョンに存在する 2つのVNET を直接接続することができます。見かけ上 2 つの VNET は1つのネットワークになります。VPN ゲートウェイは必要ありません。

VPN Gatewayの種類

Azure のネットワークで使用する VPN Gateway には、ルートベース (動的ルーティング) とポリシーベース (静的ルーティング) があります。マルチ サイト接続、ポイント対サイト接続や VNE T間接続を行うにはルートベースの VPN Gateway が必要です。

価格レベル VPN
スループット
VPN
トンネル数
ExpressRoute
スループット
VPNと
ExpressRoute
の共存
Basic 100 Mbps 10 なし
Standard 100 Mbps 10 1,000 Mbps あり
High Performance 200 Mbps 30 2,000 Mbps あり
Ultra Performance 10,000 Mbps あり
Basic Standard
VPNスループット
100Mbps 100Mbps
VPNトンネル数
10 10
ExpressRouteスループット
1000Mbps
VPNとExpressRouteの共存
なし あり
HighPerformance UltraPerformance
VPNスループット
200Mbps
VPNトンネル数
30
ExpressRouteスループット
2000Mbps 10000Mbps
VPNとExpressRouteの共存
あり あり

VPNや専用線でAzureと接続する方法

VPNや専用線のパーツを組み合わせてAzure環境を接続

Azureには、地上(オンプレミスのネットワーク)とAzureの仮想ネットワークを接続っせるパーツが用意されています。それぞれのパーツを組み合わせて簡単に構成することが可能です。

(実際には、導入企業の環境に合わせて対応することになります。)


  1. Azure データセンターのお好きなリージョンを選択
  2. 仮想ネットワークを作成
  3. 仮想ネットワークの端に、”VPN ゲートウェイ” を作成
  4. 仮想ネットワークにお好きな仮想マシンを配置
  5. 目的に合わせて、仮想マシンを構成
  6. オンプレミス ネットワークにAzureに対応したルーター (VPN デバイス) を用意
  7. サイト間 VPN または ExpressRoute(専用線)でオンプレミス ネットワークと接続

Azure接続の例

下記では、基本的なAzureへの接続例と、WANに ExpressRoute を追加して、閉域網で Azure に接続する例を記載しています。VPN、専用線、WAN環境など多様なネットワーク環境に対応した接続が可能です。自社のネットワーク環境への最適なAzure接続についてはぜひ、ご相談ください。

Azure IaaS仮想マシン...容易に任意の仮想マシンを作成できる

Azureの仮想ネットワークには、容易な操作で豊富なギャラリーから選んで仮想マシンを作成することができます。また、オンプレミスのVHDイメージをアップロードして使用することもできます。さらに、仮想マシン作成はわずか5ステップで行えます。


豊富なギャラリーから選んで仮想マシンを作成

データベースは、IaaS も PaaS も選択可能

クラウドネイティブのデータベースは PaaS

今まで通り。 IaaSで同じ使い心地の SQL Server

オンプレミスからAzureへ、スムーズに持ち込むことができます。今までのアプリを作り替える必要はありません。なお、スケーラビリティは利用しているAzure 仮想マシンに依存します。データベース サイズは、Azure仮想マシンの最大ボリューム サイズ 64TB です

既存データベースの場合は、IaaSを検討

選べるIaaSのSQL Serverのライセンス

さらに詳しく

Azure IaaS ご紹介

AzureのIaaSサービスをご紹介します。各機能から細かなスペックまで網羅されています。

ダウンロードする

概算お見積もり

数クリックで簡単にAzure IaaS の概算お見積りを計算することが可能です。

料金シミュレーション